新着Pick
184Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
1973年、老人医療費無料化が実施された。その結果、医療を必要としない高齢者が入院する"社会的入院"や過剰診療など、コスト感覚が失われ、高齢者医療費が膨れ上がった。「その幼児教育版ともなりかねません」
←この例えはわかりやすい
絶対ダメだよー
来年の税制改正に向け、幼児教育無償化にかこつけた謎の増税?策が連日のように報道されます。

完全ではないものの、一緒くたにされがちな保育園施策と、幼児教育無償化をまとめて考察されていて、いい記事だと思いました。
政策の”順番”という視点は大事だと思う。「まず質の高い幼児教育や保育を提供できるように改革をして、無償化はその総仕上げとして最後にやるべきなんです」は確かに一理ある。総選挙に当たり、全世代型社会保障への転換の”わかりやすさ”のために、拙速に”無償化”という政策が出てきたとすれば適当ではない。だが、これだけの少子化と待機児童問題が大きなモメンタムとなって、思い切った政策が出てきた面もある。併せて、質の評価システムや保育所の申し込みシステムのデジタル化(脱アナログ化)への投資も進むチャンスとしたい。
教育行政に対してロクな哲学も持ち合わせず、単なる思い付きで無償化をブチ上げるからこんなことになる。本件に関する安倍首相の罪は重い。