新着Pick
388Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以下がイーロンマスクのプレゼンです。新しいロードスターについても触れています。
https://youtu.be/h_SjAcQeU1A

記事ではオートパイロットと書いてますが、正しくはEnhanced Autopilot
衝突被害軽減ブレーキ、レーンキーピングアシスト、前方衝突予測警報システムが標準でつくそうです。
一般的にいうADASで自動運転機能ではないので一応。

観客が熱狂的すぎてジョブズ感やばい笑
日本での発表報告はおそらく私が最初?
https://newspicks.com/news/2634334

まあ、新幹線のホームを歩きながら聞いて、スマホのスクショで投稿しただけなので、内容の薄さはご勘弁を。
隊列を組んで自動走行可能な電動トラックに、最高時速400kmのスーパースポーツカー。相変わらずイーロン・マスクはフルスロットルで素晴らしい。ギガファクトリーから組立工場まで隊列組んで自動走行するシーンとか最高のPRになりそう
テスラの電動セミトラックが発表されました。そして最後にトラックの後ろから赤のロードスターが現れます。
こちらからreplayを見ることができるはずですので週末ですのでぜひ一覧を。スペック等を云々する力が週末の私には残っていませんので皆様にお任せしますが、会場(基本的に社員が多いと思われます;間違いでしたらごめんなさい)の盛り上がりを見るとempowerというものの重要性を感じます。
https://livestream.tesla.com/
5万米ドルでロードスターの予約も受け付けています。
はたして大型トラックが電動で、しかも実用化ができるか?

このハードルを越えたら、一気にEVの流れが加速しそうですね。
楽しみです!!
環境問題解決手段としてだけでなく、高トルクが要求されるトラックこそEVが適しているようだ。

それはいいとして「モデル3」の生産はどうなったの?Wardsのデータ1-9月販売は200台のまま。
アメリカでロードトリップをして国土の広さを実感したことのある人にとってはこの手の大型トラックがどれくらい州を跨いで走ってるかは知っていることだろう。隊列走行は全然アリだろう。なんせ道は広いし信号はほとんどない。最大の問題は加速スピードよりも燃料補給なわけですが、航続距離を伸ばすことである程度は解を見出したと。
大場さんのレポートもぜひ。

やっぱ自動運転じゃないのね。

お祭りですねぇ。ちゃんと2019年に出てくるのかな?
下記は英語だが、色々な情報がまとまっている。
・すでにWalmartが15台注文。小売で物流を自社で一定やっている会社にとっては環境対策アピールという効用もある
・独立した4つのモーターを搭載
・約12万ドルするClass 8のディーゼルトラックは年間7万ドル程度のディーゼルオイルを必要とする。Tesla Semiの価格は高いが、一定のコスト吸収効果はある。
(・元々2019~2020年くらいの製造開始という期待値だった模様。今回そこのアップデートがあったかまではわからない)
https://electrek.co/guides/tesla-semi/

あとはトラックは道具。実際に買う人たちに経済合理性があるかが重要。それはメンテナンス網や急速充電ステーションがちゃんと整備されることも含む。
時価総額
71.0 兆円

業績