新着Pick
149Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
違います。根本主因はLCCでもビザでもなく周辺アジア諸国の中間層の人数およびその可処分所得の増加です。
つまり外部要因による自然増です。

それを見誤ると当たり前ですが政策も見誤ります。
中間層のサイフ争奪戦であるという認識、タイやシンガポールやソウルら主要アジア都市との競争である認識が必要です。
LCCがどうのというなら圧倒的に発着数が負けている韓国インチョンやシンガポール・チャンギとの差を近づける努力、既にシンガポールの観光地には溢れかえっているインドはじめ東アジアで今産まれている5億人の中間層の争奪努力を、血眼でやらねばなりせん。
政府の2020年の目標は4000万人。決して難しい数字ではなくなりました。
                           
そして、これからは、都市部よりも地方のほうが、その恩恵に預かることになります。
      
意外に思うかもしれませんが、去年の訪日客の増加幅は、▽三大都市圏(プラス138万人)よりも、▽それ以外の地方(プラス238万人)のほうが多かったんです。
                              
また、北海道では、“2020年のGDPは「観光消費」が「公共投資」を上回る”という予測だって出ています。
                   
なので、人口減に悩む自治体にとっては、今後、訪日客をどう呼び込むか、智恵の見せどころとなります。
今年はNIEs諸国からの訪日増加が出来すぎという面もありました。1年の間に、韓国からの訪日客は韓国人口の10人に1人に達しました。香港は国民の4人に1人。さすがにこれまでのベースの伸びは見込めないでしょう。今後は中国からの訪日客がどれだけ順調に伸びるかが重要になります。
やはりLCCが寄与しているということは、所得水準がそこまで高くない人も日本に来やすくなっていることを意味しますから、ここが一人当たり消費額の低下に結び付いているんでしょうね。まあ、消費総額が増えてますのでいいのですが。
北海道の外客を含めた道外客が増えているのかまだわかりませんし、統計も遅いです。昨年は770万人でしたが、一人当たりのGDPは27400ドルと、アラスカの71600ドルはともかく、アイルランドの61200ドル、アイスランドの50300ドルにも遠く及びません。
他のコメントに、GDP云々と言及していますが、誤解を招かねませんね。
格安航空やビザ解禁と云うインバウンド政策(規制緩和)が、アベノミクスの3本目の矢(成長戦略)の「唯一最大の成果」と申し上げたら、安倍総理は怒るでしょうね。
周辺国の可処分所得拡大が主要因ではありますが、LCCによって旅の形そのものが大きく変わっていることの貢献を過小評価するべきではないと思いますね。中国沿岸部や韓国・台湾は十分可処分所得は高いが、フィリピンやタイはまだそれほどではありません。中国一辺倒ではなくアジア周辺国からバランス良く観光客を誘致することが肝要で、そのためにはLCCの誘致、路線開設は出来るだけ進めたいところ。仁川では近々新しいターミナルが完成予定で、LCCの便数がさらに増えそうです。

ビザも日本人はあまりビザを取得せずに旅行出来るから意識しないと思いますが、たまに日本に出張する中国人の同僚なんかはホント面倒くさいって言いますからね。
LCC専用ターミナルの持つ空港を持つ都市に来るわけだから、地方空港にもチャンスがあるね!
相互の国際化と、世界平和の為にも拡大する事が
望ましい。

良い事をした時は、政府も褒められるべきだと
思う。

これは、政府、官僚の方々の成果なのだと思う。
外国人観光客が増えるのは良いことではある。ただし、観光客を増やすのは経済を回す手段であって目的ではない。あくまでも国内の雇用や投資につながってこそ意味があるのであり、観光客数増加が自己目的化してはならない。最近の国や地方自治体の動きを見ていると、どうもそのあたりを理解できているかどうか疑問に思うこともある。