新着Pick
240Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
オプジーボでは超異例の薬価切下げで凌いだが、ことがん領域ではイノベーティブな新薬候補は少なくなく、また薬価の比較算定がなされる米国由来品では困難を来すでしょうね。国民医療費の観点から、保険適用の上限年齢の設定など医療経済学にもとづくアクセス制限の議論がいよいよ必要です。
癌の発生原因や治療法の開発はゲノム解析技術の向上とコストダウンでどんどん進んでいます。20年後には癌で死ななくなる世界になっている可能性もありますね。まぁ結局は他の原因で死にますけど。
本当に衝撃。非常に興味深く拝読しました。
ガンにピンポイントで一回の投与のみで効果が得られる薬。夢の様な薬。
研究は進み、米国では販売も、患者さんへの投与も行われているのですね。

タカラバイオさんがうちの地方まできて長い間研究されているというのも嬉しいです。
この薬を日本で広めるには自費ということになるのでしょうか。そうなれば病気もお金がなければ治療できない社会が進みますね。
現状先進医療は保険に加入することでその高額な費用を賄うことができますが、今後はこういった高額な薬での治療に保険が利用できるなら、保険加入の価値は大いにあるかと思いました。
このくらい値段が高いとほとんどの人が自費ではは使えないので、かえって不公平感がないと思います。

300万円とか500万円くらいだと、格差問題とかが出てきそうですが…。
1本5000万円というキムリアは小児・若年者白血病患者向けなのでなんとか保険適用したいという話は許容されそう。
ただ、武田薬品などが狙うとされる胃がんや肺がんは50~60代に発症が多いがんなので、これに高額な治療を保険で適用するというのはなかなか議論がありそうです。
天文学的な「¥50000000」の特効薬の上陸は、「医は算術」「命はカネで買うもの」と云う、いや~な世相の始まりです。不老長寿の妙薬はどこにもないけれど、誰だって永らえたい。その「欲望」を買えるのは、一握りのお金持ちだけ。昔から、それが当たり前の現実でしたが、値札のぶら下がった特効薬を売る医者には行きたくない。
高い。