新着Pick
242Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当たり前ですが、仮に完璧な自動運転技術が出来上がったとて人間がそれに向かって衝突しに行ったらやはり事故は起きます。
今回はIshidaさんがあげているBBC報道を見る限りはそれに近いようです。トラック側運転手はキップ切られる常習犯だったともあります。

そしてこれがまさに「近い将来人間が運転すするクルマはゼロになる」と主張している人の論拠です。
つまりいくら脇見や居眠りやスピード出し過ぎをしない自動運転が増えても、人間が運転するクルマがある限りそれが自動運転車にぶつかり事故を起こすから、という理屈です。

ここから判るように、自動運転とは近い将来、全人類を巻き込んだ大論争を起こします。
安全のためには社会から人間による自動運転を全廃とするべきだ、いやそれは人間の権利でありドライブの楽しみを奪う事はまかりならん、と。

今はまだ自動運転スゲー、バンザイな人類ですが、昨日のWaymoの報道などそろそろ技術は「準備OK」となりつつあります。その日は思われるほど遠くは無いと思います。
まだまだこれから、テスト&ラーンですね。と言えるのも
負傷者がいらっしゃらなかったから、で良かったです。

これは貴重なサンプル、学びの種になる!と思いきや
非は人間のトラック運転手にあるという・・・・
これではAIは学べない?

いや、重要な「危機・危険予想意識」のデータになりますね。

そう、人間同士の交通事故も、どんなに自身の運転が
確実でルールに沿ったものでも、相手側により
事故に巻き込まれる事は事故の数だけあるわけで、
そこのラーニングと、今後の安全性を向上させるには、
もしかすると車同士が自動運転車両と人間運転車両を
認識する様にならないといけなくなるようですね。

AI:おっ、対面の車両と左からくる車両は人間運転だ、注意!
という感じ・・・(なんか嫌ですがw)

==関連記事/抜粋==
https://newspicks.com/news/2616391
バスには「数人」の乗客が乗っていたが、負傷者はいなかった。ラスベガス市当局によると、トラックの運転手に非があったとされ警察から違反切符を切られたという。
http://www.bbc.com/news/technology-41923814
BBCでも報じられていますが、今回はトラックの運転手に非があったとのこと。運転手さんも慣れない運転で緊張したのではないかと想像します。けが人もなかったとのことで、本当に良かったです。
http://www.bbc.com/news/technology-41923814

今後未然に事故を防げた事例などが出てくるといいですね。
理屈のうえでは世の中のすべての車が完全自動運転車になれば渋滞も事故もなくなるんだと思うんですね。

一方、ヨーロッパではいまだにほとんどの車がマニュアルで高速道路の料金所でもほtelepass(日本のETC)がスカスカでドライバーがお金を払うブースのところだけ長い渋滞ができている状態。

そんな超アナログ人間の多くの欧州人を見ていると、本当に人々は完全自動運転の世界なんて望んでいるのかな??とも感じたり。

なんだか無機質でキモイし・・・なんて考えている私ももはやアンモナイト的なオッサンなんでしょうね。
手動運転禁止にするしかない
狙ったタイトルかもしれませんね。今回のような事故で賛否両論出てくる中で、課題意識が高まること自体が大事ですので、そういう意味では効果的タイトル。

バスか停止している際のもらい事故なので、トラック側の過失という意見が多いですね。

その上で自動運転バスにはどこまで責任があるのでしょうか。
自動運転車の技術は今後も進歩し続けますが、一体どこまで進歩すれば十分と言えるのでしょうか。車両側の技術だけで全ての事故を防止しようと考えるのは現実的ではないでしょう。

運転というものは、道路上での交通主体が、お互いにルールを守るという前提のもとではじめて可能になります。この信頼の原則と呼ばれる考えに基づく範囲で、ドライバーには予見や注意の義務が発生すると考えております。逆に言えばルールを守らない相手に対しても、常に完璧にリクスを予見して注意する義務なんて、誰も守れませんよね。

例えば後続車がいてバック出来ないこともあります。高速で突っ込まれる時は、接近車に対して音で知らせるのも確実ではありません。乗客のシートベルト着用義務化も、事後の安全策にしかなりません。

なんていう議論も踏まえて、ここから先はメーカーの義務ではなく、あくまで自主的な工夫の可能性として、自動運転バスに何がどんな機能があればよかったかアイディアを出して行くのだと考えます。
あえてサブタイトルで「初日」と書いているので自動運転側の過失と思いきや、相手のトラックの「人間の過失」という自動運転側の主張もあり、よく分からない。
小規模とはいえ、公道実証の初日に、こうした事故が起こり、このように大きく報道されたことの影響が大きい。トランプ政権となり、連邦政府側の自動運転の施策に対する「明確な方向」が定まらない中、無人運転が先導するタイプの自動運転バブルが崩壊する危険性があることを、日本人は十分に理解するべきだと思います。
こういうのが積み重なって技術が発展していくんです笑
大事なのは、単なる不運で済ませず、これを改善の糧にすること。
「普通」でない走行状態には、自動運転はまだ対応できない。自然界には、「普通」でないことが、山ほどある。科学技術は「普通」=平均に基づいており、実社会は平均(半分を捨てる発想)では対応できない。

自動運転であることは、対応できなかった責任を免責しない。つまり、自動運転は、無過失責任であり、過失は認められない。

この辺りにも自動運転の社会的受容性の問題がある。物理的技術の進展と社会的認識の進展とが一致していない。

自動運転(レベル4,5)はおそらく実現しないだろう。