新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

2849Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
皆さま、熱のあるコメントを本当にありがとうございます…!
自分などのノート・メモ術が参考になるか完全に不安でしたが、これを目にした方にとってちょっとでも何らかのプラスに繋がれば、心から嬉しいです!コメント、全て読んで噛み締めます!
(本当はもっとじっくりお礼を書きたいのですが、取り急ぎ!)
勝手ながら、私もベンチャー業界でメモ魔だと自負してます 笑

メモの目的は文中でいうところの「リタルタイム構造化」です。会話や会議って相手によっては構造的に語られず、実はあんまり理解できていなかった、みたいなことが起こりがちです。それを避けるために、話をその場で構造化して整理していく。理解が早まり、深まり、思い出したければ後から検索もでき、素晴らしい時短になります。

また、リアルタイム構造化することで、いい質問につながり、結果的にそれが相手からの誠実な印象に繋がってくると思っています。

ちなみに活用してるのはEvernote一択で、デジタルデバイス以外は使ってない派です。ごく稀に、会食の際、相手に応じてナプキンに書き留めることがありますが、帰り際にスマホで写真を撮り、Evernoteに保存して、題名を付けて捨てています。
この記事を読んだ後に「メモ魔」と名乗るのはなかなか厳しいが、自分も結構メモを取っていると思う。
聞く・見るだけだと脳に定着しない。インプットがあって、それをアウトプットすること、アウトプットするために脳を一定使う、この繰り返しがあるからより脳に定着する。
その観点で「ノウハウではなく姿勢だ」という言葉はとても共感する。個人的には、ここまで体系化していなくても、まずは書き出してみることから始めるだけでも結構違うのではないかと思う。

ちなみに自分はほとんどはパソコン(Evernote)。考え事をするときもパソコンにとりあえず構造化せずにガーっと書き出して、後でまとめを書くといった感じ。マトリックスとか絵で考えたいときだけ手書きという感じ。
一時期タブレットを使おうとも思ったが、手書きより打つほうが早くて、そこに図を描くというのが混在するのがなんとなく合わず、大体はPCでいいと割り切っている。
綺麗なメモですね。そしてめちゃマメ&真面目すぎる。自分のノートは人には見せられん。
NPもある意味自分にとっては「外部記憶装置」。あれ何だっけなー、という時によく、自分のコメントを検索します。
先日もパソコンでメモをとることの是非の記事があり、NPらしく「ダメなんて意味わからん」みたいなコメントが大勢を占めましたが、やはり相手と場面による、というのは同感。そういうしなやかな考えを持てるところも前田さんが敵を作らないところなんだろうな、と感じます
これは面白い特集ですね。もったいぶらずに今日全部読ませて欲しいくらいです。わたしはいまでも試行錯誤が続いていて、まだ最適解にたどり着いた気がしません。特に記録と思考過程をどうマッチさせるのか、前田さんの手法にも大いに学べました。
おおお!俺も赤のモレスキンA4、方眼愛用してます。が、ふと良いアイデアが降ってくるとき、モレスキンが手元にないので、携帯ロック解除して目の前に出てくるLINEのチャットに書きまくって後で友人から「?」と返ってくる日々(笑)。ちなみに、メモには思い付いたことからそこからの発想までとにかく矢印が多く、毎日振り返り、その構想をdocsやslackに共有して具現化した後、デカイXを1ページに描いてます。振り返らない!ようにすることで無理矢理行動に移すよう自分にムチ打ってます!
粉のれんさい、面白い。Azs!
最近メモを見直そうと思ってたので個人的には非常にタイムリーな話題。やっぱりアナログ派だな。
ノートは外部メモリというのはよくわかります。カラオケのくだりはわたしも「カラオケ曲一覧」がEvernoteに入ってる笑

ファクト、抽象化、転用のながれ、標語…面白いです。標語や最後に一言で説明できるようにするのはクリエイティビティと文章力をいっしょにプチトレーニングできそう。

ちなみに注意欠陥傾向の人は、脳内の情報がとっ散らかり気味になって苦しくなる人がいますが、背景としては物も情報もつい「手放せない」のがそうした人たちに多い。そういう人こそ情報をどんどん外部メモリ化すると楽になることが多いですよね。とにかく「書く」。なので「とにかく書く姿勢」はその人を救うことがあるなーと思ったりしています。
自分の字の汚さに耐えられないのと、整理ができないのでメモをなくすのと、屋外で人と会うことが多いので土がつく濡れてカピカピになる。という事を言い訳にほぼメモとらず。デジタルツールの進化に期待。
しかし自分はあまり進化しなそうです。
長いけど、ヒント満載です。いいノートが欲しくなる。
事実をきちんと把握し、キーワード化、抽象化、転用にまでつなげる、超生産的メモ術といったところでしょうか。
この連載について
学生だけでなく、ビジネスパーソンもノートやメモを取る。その取り方は多種多様。アナログとデジタルのツールが混在する中、何のために、何に、どのように取るかで成果に差がつく。仕事ができる人たちのノート術・メモ術を紹介する。