新着Pick
406Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
きた!
人気 Picker
シリコンバレーのスタートアップコミュニティの良い点として、SAFEやKISSのような投資スキームをYコンビネーターや500Startupsといったシードアクセラレータが旗振りをして開発し、定型化している点が挙げられるかと思います。投資する側にしても、投資を受ける側にしても、慣れ親しんだスキームがあれば圧倒的に理解が早い。これは優先株が普及しているが故に、個別のディールの条件がわかりにくくなったり、交渉に時間がかかるといった副作用を解消するものだと思います。
以前から日本の500Startupsもこのような取り組みをしていますが、エメラダのように、こうした標準化の旗振りをするプレイヤーが出てくるのは歓迎すべきことだと思います。
なんであれ、スタートアップも個人投資家も、オプションが広がるというのは単純に良いことですね。

投資家サイドで気をつけたいのは、極めてリスクの高い非公開企業への投資であるということ。失敗案件も当然出てくる(むしろそちらの方が多い)ということを踏まえた上で、それでもなお応援したいと思える会社があるのであれば、投資するというのが良いのかと思います。トヨタに投資するのとはわけが違います。
個人的には、エンジェル出資は出資時点で心の減損処理をしており、出資というよりも夢を買う消費感覚に近いです。その点では、「寄付型のクラウドファンディングだ」という心持ちで臨めば、むしろリターンが返ってきた時になって忘れていたへそくりを見つけたようなお得感を味わえるのではないでしょうか。
一方で、投資を受けるスタートアップ側は「何がなんでもお返しする」という気持ちでお預かりしなければならないことは言うまでもありません。
おお!1号案件は、Far Yeast Brewing!!
以前山田氏に話を伺ってから、なぜワインや日本酒は、これだけ色々な銘柄を食事にあわせてチョイスするのに、ビールは大手メーカーのものにかたまってきたのか、概念がかわりました。
クラフトビール、楽しみです!
スタートアップの資金調達として、すでにプロ投資家が出資をしている企業に対して株式型クラウドファンディングの形で個人が新株予約権を購入するスキームが始まったとのことです。
未上場株への投資スキームは熱量は変わりますが常に需要があると思います。個人的には、議決権行使の機会が株式転換までないということ、流動性が乏しいことなどを踏まえて、どのようにガバナンスの体制を確立するかが成否の鍵を握ると考えます。
このスキームだと詐欺ができそうです。

エンジェル投資家が小額投資して、次にガバナンス権を持たない新株予約権で1億円まで調達し、その後エンジェル投資家らの持つ持分を1億円でバイバック(→ エンジェル投資家らが儲かる。発行体/創業者株主/エンジェル投資家が結託すれば可能)。

それか、新株予約権で調達した後に、更に低い株価で株式を大量に発行して新株予約権をダイリュートさせ、新株予約権をほぼ無価値に。1億円の株式価値のある会社をほぼゼロコストで取得可能(→ 後に低い株価で株式を取得した人が儲かる。発行体/創業者株主/エンジェル投資家/後の株式取得者が結託すれば可能)。

こういうのを防ぐのは、本スキームではエメラダによる「発行体/エンジェル投資家の目利き/スクリーニング/審査」に頼るしかありません。
エメラダの門前に本スキームで資金調達したい発行体が列を作るようでしたら筋の良い企業だけをピックアップすれば良いでしょうが、①最初の方は玉石混交でしょう(むしろVCから調達できない会社が本スキームを考えそう)、②エメラダは営業して実績を上げないをといけないため緩い審査を行いたいインセンティブが存在します。


なお、上場株式でしたら、東証と主幹事証券会社による審査がこの目利き/スクリーニング機能を果たします。東証は証券会社は資本市場の中で繰り返しゲームを行うプレーヤーですので、そのレピュテーションを大事にしようとするインセンティブがたります(なので一定以上の安心感あり)
これまでスタートアップ企業にとってエンジェル投資家との接点は人づての紹介などで限られていたが、このサービスによって両者のマッチングができる。素晴らしいです。どんどん拡がって欲しい。
なるほど、新株予約権を活用するのか。
日本はPE市場のアクセスが殆ど不可能だから、この手のクラウドファンドの発展は嬉しい。

>新株予約権であれば、投資家はエクイティとしてのリターンを得る機会がある一方で、日々の経営には関与することはなく、スムーズな意思決定体制を維持できる
投資対象として面白い選択肢。アメリカだとAngelist、CircleUp、FundersClubなど。
今日もエンジェル投資家と話したんですが、J-KISSやエメラダが使っている新株予約権による投資は、まさにエンジェル投資にぴったりなんじゃないかと。エンジェルなんだからそもそも議決権とかは持たなくても問題ないし、超初期のタイミングでバリュエーションを変に決めてしまうのもその会社の将来にデメリットしかない。
日本版エンジェルリスト!