新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

209Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
狭山西武の練習はかなりハードでした。元巨人の十川コーチによると、「普通のチームが素振りで1分間振り続けるところ、うちは3分やる」。選手たちは、「厳しい練習を乗り越えることに喜びを感じる」と。1時間以上かけて通っている子も珍しくないそうです。こういう中学生がどんな大人になるのか、追跡してみたい。
本部にあれこれ文句をぶつけても何も変わらない。
各地で目に見える形を作り上げて変えること。
この姿勢には大共感です。

ただ、「社会に出て上司に少々やられようが、なんてことない。先輩の焼きに比べたら、と。そういう人間が育つのが野球なんです。」というのは野球関係ない気が・・・
"今までの社会や野球の歴史を考えたとき、野球人はやたら採用されたわけです。実際にいろんな企業と付き合っていると、人材派遣会社から東証1部上場のメーカーも、「野球部員が欲しい」と言う。
理由を聞くと、礼儀、根性、体力がある。この3つです。"
これは確実にニーズありますね。
大学まで野球をやれる子は少ないですがプロになれなくても充分自分の進路の選択肢は広がります。
何のために勝つことを求めるのか、のポリシーがハッキリしているところが、単なる勝利至上主義とは違う部分ですね。
ブレない目標と、それを達成するための戦略と、その裏付けがあるので、あとは目標設定を間違えなければ、というところかと思いました。
多様性が重要。こういう意見もあっていいし、強いメンタルは武器になるのは事実。
一方で、強いメンタルじゃない人もいるということや、合理だけでは動かない(まさに少年野球で面された課題)現実もあり、そこをうまくやることも生活をしていく技術だと思う。
また、合理だけではなく精神論で育った世代、礼儀を(過度に)重んじる世代が、面された少年野球の「お茶」問題の原因の一つとも言えるのではないだろうか?
個人的には、多様性があることを前提として、そのなかで根拠(というよりは好き嫌いかもしれないが)をもって、この方針でやっていて、その方針に共鳴するから選んでいるというのが良い形だと思っている。
自分の子供を入れたいかはさておき、こういう明確なビジョンを掲げるチームがオプションとしてあるのは良いことじゃないかと思います。部活動ではなくボーイズリーグ(習い事)ですし。

あと、親に負担をかけないポリシーはとってもいいですね。一緒に連れてこられる女の子の将来のことまで考えているのも素晴らしい。
目標をプロ野球選手に掲げ、それを実現するための合理的な方法論の積み重ね。ひとつひとつの説明に全て納得できます。礼儀・根性も、目標達成に不可欠なツールとして明確に位置づけられています。
戦国時代の人達からしてみれば、今の世に生きている人間なんてみんなぬるいと思われるでしょうね。
この記事の様に、現状に風穴を開けたいう人間が増える事で変化が起き得る。野球はまだまだ時間が掛かるとは思うが応援したい。

日本ではスポーツや仕事でも「楽しくやる」に語弊があるように思う。楽しむ=遊び…!?
世の中の流れに迎合せずポジション取ってやってるところがすごいと思いました。

勝利至上主義というところがあっても良いと思います。甲子園常連校なんてそんなもんだし。みんなが「楽しく野球しましょうよ」ってなっちゃうとそれは違うと思うし。

何より参加する家庭が親子で決めれば良いので市場が良し悪し決めるわけだし。

ただ、そういうのが嫌な子が無理なく辞められるか、他の勝利至上主義じゃないクラブで楽しく野球を続けられるかが大事だなとも思います。

要は選択肢が多いと言うのが重要だということで、選択肢の一つを提示してるだけでこんなに叩かれるのわかってるのにやりきろうとしてるのはすごいなと。
この連載について
プロ野球・高校野球が人気を博す中、2007年からの10年間で小・中学生の野球人口は26%減少。将来のプロ野球存続を危惧する関係者もいる。子どもたちの野球離れはなぜ進んでいるのか。変われない野球界の問題点を見つめ直す。
株式会社西武ホールディングス(せいぶホールディングス、Seibu Holdings Inc.)は、西武鉄道やプリンスホテル、及び埼玉西武ライオンズ等を傘下に持つ、西武グループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
6,829 億円

業績