新着Pick
479Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
人間が誰しも平等にもっていて、平等にコントロールできるのが時間と習慣。徹底的な時間管理と、悪しき習慣を捨て良い習慣を身につけることこそが、成否をわける。

QT:
"けんすう:前提から覆すようですが、最近そもそもモチベーションなんていらないのではないか、と考え始めました。モチベーションがないと動けないのは二流だと思います。キーワードは「習慣」。人間って、ストレスが溜まるときほど習慣に依存するものです。だから「やっている状態」を習慣にできるかどうかが重要なのでは。

落合:分かります。習慣は悪く言うと「惰性」ですが、惰性で研究できるようになることを、僕のラボでは目標にしています。息をするように論文を書くという。"
人気 Picker
好き×得意×儲かる×必要とされる。この4つの交差点を見つけるという表現はわかりやすい。
そして落合さんの、息をするように仕事をしている状態が、クリエイティブな仕事をするための条件だと思います。

>自分が好きなもの、得意なもの、儲かるもの、世界が求めているもの、この4つが重なったときに生まれるもの。好きで続けていると、それが「得意」になる。得意になると「効率的」な方法を編み出せる、という矢印ですね。
落合陽一さん、Showroom前田 さん、けんすう さんモチベーション革命トーク最終回です。
けんすうさん、落合さんからモチベーション論をひっくり返すそもそも論からでる展開です。

楽しんでいただけたら
心の炎に対する人間行動
ダメ人間:他人の心の炎を消してしまう人
フォロワー人間:他人に火をつけてもらうと燃える人
自律人間:自分で自分の心に火をつけられる人
リーダー人間:他人の心にも火をつけられる人
少なくとも自律した人間以上でありたい。
子どもはモチベーションが高いからハイハイするわけでもないし、何度こけても歩こうとするわけでもない。
きっと本能的なもの。

落合さんの息をするように、というのと同じで本能のままにできればそれがいい。モチベーションとか要らない。
そもそもモチベーションが先にありきなんか?っていう疑問がある。はじめるまでイヤイヤでも、やり始めたらハマることもある。モチベーションとか理屈が必要なのは、実はやりたくねーんじゃねーか?とも思う。