新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ESG投資などが注目されていますが、融資についても順調に伸びているというのは、公益活動にとっては間違いなくプラス。
日本公庫のソーシャルビジネス支援は、同庫の重点分野である創業支援・創農支援・6次化支援などと並ぶ重点分野。
https://www.jfc.go.jp/n/release/pdf/topics_171101a.pdf

民間が取りにくいリスクを(公庫の特性を活かし)取りに行く取り組みだが、民間ももう少し積極化してもよい分野だと思う。
リアルなソーシャルビジネスもいいのですが、私は高齢者にSNSを強く勧めています。

「繋がり」があるかないかで、心身の健康が大きく異なってくるようです。

とかく、「私はアナログだから」と言ってSNSを敬遠する高齢者が多いですが、一度ハマってしまうと楽しむ人たちがとても多いようです。

市民センター等で「SNS講座」をやれば、認知症の防止にもつながるのではないでしょうか???
こうしたソーシャルビジネス向け融資が広がったり、信用保証がNPOにも拡充されたことを機会に、融資を受け事業拡張を目指すNPOが増えています。
しかし、従来のNPOは補助金が新規調達であり、しかも売上の一部かのように扱うNPOも少なくありませんでした。
資金調達は初期投資や運転資金確保のためにおこなうものです。本来の資金調達のあり方をNPOがすすめ始めていることは、強く意義があるように思います。
金融機関としては伸び率を見ていればいいのかもですが、本質的には金融を通じて課題解決をすること。そこの指標も今後は公表できるといいかな。
新潟でも公庫とネットワークを形成してまが、融資だけでない枠組みがあった方がいいなと思ってます。