新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

1165Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
私もマンガアプリ使っていますが、課金したことがなかったので、この課金アプリ「ピッコマ」の記事の内容は目からウロコでした!!

・ある漫画にハマるタイミングは人それぞれ→課金タイミングを自由化
・買おうか待とうか悩むのもユーザーの楽しみ→「巻」ではなく「話」にすることで単価を下げ、気軽に迷えるように
・毎日アプリを開くという習慣化が肝→2週間ではなく24時間待てば次が読める設定
・よくある「無料連載」はスタート時期が合わなかった人は無料で読めないTVみたいなモデル→いつからでもスタートできるネットフリックスのようなモデルへ
などなどなど。

作り手のいるコンテンツにちゃんとお金を払う、そういうスタートポイントから上記のようなユーザー目線の仕組み作りができるのは素晴らしいですね!!
ついにNP読者にも見つかってしまったな笑。マンガ新聞を運営している関係で一年半くらい前にコルクの佐渡島さんから聞いたこともないアプリで、「テンプリズム」という漫画がびっくりするくらい売れてるという情報を聞きました。テンプリズムはコルクが推してる漫画ではありましたがそんなにメジャーでは無かった。それなのにそんなに売れてんのかと研究する事にしました。運営元はあのカカオトークのカカオ社です。韓国で成功したモデルをそのまま日本でやってうまく行きつつあった。ピッコマを研究して改良したのが私も運営に関わる「マンガトリガー」です。マンガアプリじゃなくてむしろソシャゲー的な運営をしているのが伸びている特長でしょう。しかし、カカオは日本で先行していたにもかかわらずライバルのNHNにLINEで完敗してしまった。LINEマンガvsピッコマはその第二次戦争のような様相。ものすごい広告宣伝費を投入してAppstoreの首位を維持しています。
マンガ風デザインにしてみました。

「要は、ピッコマを毎日見るという「習慣化」に結びつかなかったのです。」
たしかに2週間じゃ、次の更新を忘れてアプリから離脱してしまう。
こうして毎日マンガを読む週間が私もできてしまっています。。1話って寝る前とかにサクッと読めてちょうど良いんですよねぇ。

収益モデルとか連載形式の違いなんかはあんまり気にしたことがなかったので、なるほどと感じました。普段はLINEマンガ、マンガワン、マンガゼロを愛用していますがさっそくピッコマ落としてみました!
是非読んでほしい記事。アプリビジネス・マネタイズという観点でもとても面白いし、どうビジネスをデザインするかという観点でもとても面白い。
24時間という時間設定が絶妙で、習慣化につながることと、価格設定によって「だったら払ってもいいか」と思えるバランスが上手いのだと思った。そこに関しての定量部分の記載も興味深い。
そしてビジネスをどうデザインするか。後発として参入する中でどういう勝算があったのか、フェーズという部分含めての見方も面白いのだが、やはり最後は好き嫌いやこうあるべきだという意思や情熱なのだと思う。そして、下記の点は、とても共感する。
『漫画家が必死に描いているものを無料で見られるのは、コンテンツを作る側にとっても、決してよい環境とはいえません。たとえ少額でも、「面白い」と価値を認めたものに対しては、「自分できちんとお金を払う」という習慣を失ってはならないと思うのです。』
「1巻目が無料でも、2巻以降500円出して買うのはハードルが高い」「次の話が出るまでに2週間も待たなければいけないと、ユーザーは読みたい気持ちを忘れる」キム社長が語るユーザーインサイトは、漫画をあまり読まない私にとって「まさにそこがネック」と思うことばかりでした。

ライトユーザーにとって使い勝手が良い仕組み作りに徹底的にこだわっているのに、なぜここまで「課金」が上手くいくのか。

課金モデル設計は、多くのコンテンツの作り手が頭を悩ませるところだと思いますが、キム社長の戦略的思考の数々は非常に勉強になりました。
待ては0円、待ち時間を24時間にした狙いに納得しました。
これを機にいろんな漫画アプリをダウンロードして読んでみたのですが、オリジナルコンテンツの充実ぶりに驚きます。これはなかなか出版社側も危機感を覚えずにはいられないのでは。
これはフリーミアムモデルというより、デアゴスティーニモデルの反対版?改良版かなと個人的に思ったり。

比較すると、

ピッコマさんは、読者がハマるまで待って、ハマったタイミングで課金に切り替わる、徐々に有料が増えるモデル。

スタート時の有料ユーザー少ない→後に増える(電子書籍だからサービスを保つコストが少ない)
「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」ビジネスモデル


デアゴスティーニさんは全巻揃える人は少ないことを前提に、最初に有料のユーザーを一気に増やして、徐々に有料が減るモデル。

スタート時の有料ユーザー多い→後に減る(減ることを見越して部数は徐々に減らしてコストを抑える)
「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」ビジネスモデル

という感じでしょうか。


従来のサービスのほどんどは「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス」ビジネスモデルで、マーケティングに力を入れてますけど、フリーミアムが当たり前になってから、この手のビジネス成功パターンはどれでいくのかしっかりと考え抜くことがチャンスを生むんだなと感じました。
「続きを読みたくなる」という人間心理をしっかり把握していますねー。

間口を広くして、薄利多売で稼ぐビジネスモデル。

最初が0円というのが何とも魅力的です。
この社長、すごいアイデアマン!
「待ち時間」を有料にするフリーミアムだけでもすごいアイデアなのに、
細かいところもアイデア満載。
模倣可能なモデルではあるけど、
この社長であれば、次々と「アイデアが出てくる予感がする。

******

「ピッコマのモデルは、簡単にいうと、1話目は無料で読み、次の話も「無料で」読むためには、24時間待たなければいけないというものです。ただし、1枚20〜50円ほどのチケットを購入すれば、待たずに次の話を読むことができます。」

「「巻」売りではなく「話」売りにすることで、単価が下がることもユーザーにとってメリットです。一回に500円払うより、50円ほどで済むほうが、購入の心理的ハードルが下がりますから。」

「ある漫画を「面白い」と思うタイミングや、「お金を払ってまで読みたい」と思うタイミングは、人それぞれ違います。ある人は5話目で感じるかもしれないし、別の人は20話読むまでわからないかもしれない。」

「毎日アプリを開いてくれるように習慣化させることが大切だと思っています。その秘訣が、「24時間」という時間設定だったのです。」

「大手出版社は当初は難色を示していたのですが、最近になってようやく「待てば0円」モデルで作品を提供してもらえるよう、説得ができました。まだ名前は明かせませんが、名だたる出版社の作品がこれから順次、読めるようになっていく予定です。」
様々な発見が散りばめられていて、ものすごくおもしろいです!
待てば手に入るけどついついポチッと課金しちゃうよ〜〜というソシャゲモデルを基本としつつ、1巻ごとに有料という常識を話ごとに基本無料に変えたのがコロンブスの卵ポイントだと思います。
漫画家さんにきちんと還元でき自分たちも儲かる仕組みを作るという理念もとても素敵だと思いました。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。