新着Pick
910Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
本当に急速成長する中国の技術開発力はIT(webサービス)/家電品/EV/ドローン等で世界のトップを行き、遅れの自覚のない日本をドンドン引き離しています!
政官財が早く気が付き原因の打開を計らないと日本経済は落ちるのみです!
人気 Picker
もうタイムマシン経営は中国から。
Legend Capital朴パートナーとの共同執筆「最前線レポート~中国ベンチャー市場の全貌」の第12回(最終回)。

今回は、「(3) 中国ベンチャーから学ぶ海外ベンチャーたち」としてメルカリのインタビューを、「(4) From中国 to海外へ挑むベンチャー」として海外(中東、インド、アメリカ)で活躍する特徴的な中国ベンチャー3社を紹介しました。

日本と中国の認識ギャップを、できるだけ体系的なアプローチで埋めたい。そんな思いから、今回、計12回の連載記事を企画させていただきました。
今後はこうした記事が不要になるくらい、日本の皆様の目が中国成長市場に一段と向かうことを願いつつ、一方で、それでも追いつかないくらい中国から新たな潮流が続々と生まれてくることも期待しながら最終回の筆を置かせて頂きたいと思います。ご愛読、フィードバックありがとうございました!

===
記事のまとめ(第12回:最終回): 海外に進出し始めた中国発のイノベーション・ベンチャー企業群
(3)中国ベンチャーから学ぶ海外ベンチャーたち
 ・消費者サービスまわりでは、世界で最もホットな実験場
 ・「7割中国、2割アメリカ、1割日本」で事例研究を行う日系ベンチャーも
(4)From中国 to海外へ挑むベンチャーたち
 ・世界に羽ばたく中国ベンチャーからの学び
  ①国内における「危機感」(競争が激しく選択肢がない)を原動力に
  ②最初から「現地の知見・人脈」「用意周到なアイディア」があったわけでもない
  ③「自国の強み」を考えぬいて、他市場展開
===

前回記事
https://newspicks.com/news/2575668/

☆バックナンバー☆
http://www.dreamincubator.co.jp/bpj/

☆ご参考: 前回の連載シリーズ☆
「中国市場『7つの真実』」(2014~2015年)
http://www.dreamincubator.co.jp/news/news_media/19879.html
中国で流行ってるサービスをパクって日本で展開すればいい
メルカリのインタビュー含め、どれだけモバイルの世界で中国が進んでいると事業者から認識されているかが伺える記事。一方で、ローカルマーケット(母数・好み)の違いについても冷静。
中国のITベンチャー関連の投資をアメリカの投資と比べて遜色はないという記事を書きたいと思います。おそらくこれを「愛国経済」に思われ、やめることにしました。
日本の目線、あるいは上の目線で中国を見ると、まだまだベンチャーはそれほど刮目で見る価値が少ないだろうと思うかもしれませんが、本当は投資も巨額であり、大きな市場もあってそれをきちんと見るべきだと私は思います。
少なくとも現状をきちんと報告すべきです。
最近、中国企業から日本進出の話を受けることが多々ある。これまではあまり中国企業の日本進出はうまくいってる印象はないが、これからは変わるのだろうか、それとも変わらないのか。中国の方が進んでるのは間違いないが。
中国のベンチャーに共通してると感じること。
①とにかく速い
②マーケットは世界
※国内マーケットがバカでかいのに、なぜこの発想が生まれるのか深掘りしたい
③テクノロジーをフル活用

行政の政策視点、国民性と文化の視点で、一体何が違うのか?を分析していきたいですね。

確実にあるのは、中国人は日本人より欲張りだから、狙いにいくマーケットはデカイのだろう。
数年前に、中国にGDPで抜かれたとき、日本では「中国は人口が多いだけ、企業に関しては世界的なブランド力のある企業は一つもない」と言って、自分達を慰めてたように記憶している。今やベンチャー企業から、フィンテック、電子商取引、SNSなどの分野では、中国企業が世界の大きなブランドに成長している。あまりに世界の変化は早い。
中国発のサービスは情報少ないので、とても勉強になりました
□メルカリ:事例研究は 「7割中国、2割アメリカ、1割日本」