新着Pick
1001Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
インプットからアウトプットまで、ここまでやるかっていうほど考え抜いてこだわり抜いてやりきってきた。どこにも前例もなければ、参考事例もない。ひたすら自分を信じ、仲間を信じ、ここまで来た。さあ、まもなく皆さまにお披露目できる。NewsPicksの皆さまの真摯で的確で熱いコメントが楽しみだ。
なるほど、やはりサイズでしたか。
そして、海外でも発売。
メジャリングをどこと組むのかが気になります。

抜粋

「恐らく今までファッションブランドが一度も使ったことがない機械を使う」

どんな機械なんだろう?
立体裁断と3Dプリンタを組み合わせるのかな。早く知りたい!
デニムかと思いましたが、さて。
説明は27分くらいからです。
https://www.youtube.com/watch?v=SHDBsQoJQGI
***
さてスタートトゥデイ(3092)の4-9月期の決算は、やや経費がかかっている点は否めませんが、巡航速度の成長と言って良いのではないでしょうか。
対前年同期比、商品取扱高+38%増、売上高+35%増、営業利益+31%増などとなっており、社内計画を上回った模様です。また通期計画は据え置かれています。
経費増の主因には代金回収手数料と業務委託費の増加が挙げられています。しかしこの中にはPB関連の経費も含まれている模様です。
従前から言われていた同社のPBがいよいよ始動します。若い男女に安定した集客力を誇る同社がPBで川上をおさえ、さらに地域的に横展開を始めるステージを迎えました。第一弾の発表が大変注目されます。
勘ですが、下着ではないでしょうか?
ZOZOTOWNの新しい一手。日本国内だけでなく、アメリカとドイツでも来年春から展開するということで、フィッティングの研究開発に10億円弱投入したそうです。

写真からの3Dフィッティング→合繊ニットへのプリント→フィットするTシャツ&パンツ、でしょうか。スニーカーなどで実用されつつある3Dプリンターまで行くと本当にファッションブランドが使ったことのないものになりますね!!

おもしろそう!!
ファッションはZOZO、ライフウエアはAmazonがシェアを取っている記事を思い出した。ZOZOは「ファッション」以外の「衣」を取りに行くんだね。
あと2ヶ月以内にローンチされるので注目ですね。

僕も大方の予想通り、ジーンズ、Tシャツ、スウェット、だと思いました。

反面、この辺のアイテムは究極のフィット感がそのまま=ファッション、ではないので(あえてサイズを変えることで成り立つファッション性が最も強い3アイテム) 、アンダーウェアの可能性も大いにありますよね。

とにかく色々と予想はできるのですが、シンプルな物ほど色々な尺度があって難しい。価格、素材、サイズ。 価格、素材で買ってきたユニクロとどう一線を画すか。 やはりサイズ + α という事になるのでしょうね。
本当にPRの天才ですね!タイミングに応じた伏線の出し方、先日の送料施策も含めて。
ベーシック、フィット感、在庫レスといういよいよ輪郭が見えてきました。恐らく、ECのオーダーが入ったら、その“機械”にデータ連携して即時生産するのは想像の範囲内ですが、“フィット感”をどのように生み出すかは謎ですね。新しい素材でも開発するのでしょうか。
ZOZOTOWNで展開されるPBの詳細が少し発表。これはかなり気になる内容。年内発売とのことで待ち遠しい。
ファッション業界はこれからさらにパーソナライズ化していく。それに挑戦するのでしょう。

さすがファッション業界の次を見据えている企業の取り組みは先見の明もあるし、成功の確率も高いでしょう。

一方でサイズを中心としたパーソナライズは何で作ろうとも、古くて新しい領域。この領域をどう新しく見せ、お客様に「これからはこれだ」と思わせることが出来るか?

海外のファッション系ベンチャーからも学ぶ必要があるし、そのベストプラクティスをどう日本市場に入れ込むのかも真剣に考えてなくてはいけない。

パーソナライズ化を望むお客様が中心となる消費社会は必ず来る。どう備えるか?私も考えていきたい。
株式会社フィット(英語: Fit,INC)は、徳島県徳島市川内町に本社を置く建設会社。 ウィキペディア
時価総額
43.8 億円

業績

株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.15 兆円

業績