新着Pick
191Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
泥縄だな。ふつうにuber-xみとめりゃいいのに
タクシーの運転手が足りないと言いながら、国交省と警察はタクシー業の枠組みの中でしか対策を考えないんですね・・・
知らない運転手が提供する自動車にいきなり乗るのは不安です。しかし、二種免許やら営業許可やらで政府がお墨付きを与えるタクシーなら、安心して乗ることが可能です。そういう社会インフラとしてタクシーの存在意義がありました。
ところがビッグデータとスマホの普及で見知らぬ運転手と顧客が互いの情報を共有し、政府のお墨付きがなくても安心してライドシェアすることができる環境が出来ました。タクシー代わる新たな社会インフラとして登場したのがライドシェア。
Uberがあっという間に時価総額6兆円になったかと思ったら中国で滴滴出行が凌駕するなど、世界の国々ではシェアリングエコノミーが花盛り。ところが我が国では、タクシー業界の反対で未だにライドシェアは白タクと呼ばれて導入が進みません。国交省も警察も、タクシー業界が新しい社会インフラに駆逐されることは望まない。第4次産業革命の中で生まれた新しい社会インフラが、既存の社会インフラであるタクシーに拒まれて進まない構図です。
一事が万事、既存の社会インフラの枠組み内にとどまって対策を考えていると、我が国はAIやビッグデータが齎す世界の変化に立ち遅れていきますよ・・・  ( 一一)
今朝のDidiの件との関連で理解すべきニュースだと考えます。
https://newspicks.com/news/2591304?ref=user_130194
行政はタクシーの運転手を増やすことでタクシーの供給を増やしつつ、タクシー業界と配車アプリを融合させるというシナリオを考えているのでしょうか。
これはこれとして、オリンピックの頃には白タクもそうですが、地方から東京にドライバーが集まると思います。結局問題になるのは地方のドライバー不足。これを解決するにはこのような規制緩和を地方でも徹底することに加えて、病院を起点した高齢者のための配車ネットワークを作るのが良さそうです。
ひと頃タクシー運転手の待遇の悪さをことさら大きくマスコミに宣伝して、規制強化の議員立法につなげた業界と組合の付けが回ってきている面もあります。

中国人の白タク問題解決には、まず中国と運転免許協定を締結して相互に認め合うようようにするべきでしょう。そうすれば自分でレンタカー利用する者が増加します。漢字の読めないアメリカ人や高齢者の日本人よりも安全です。
次に、韓国や台湾、香港のように、運転手付きレンタカーを普及させるべきです。そうすれば白タクからこれらに誘導することができます。

日本人の運転手ですら確保できないのに、中国語のできる運転手を確保できるはずはありませんから、運転手付きレンタカーはタクシーの商売の邪魔にはなりません。
uberを認めれば解決する。
分かっててこれはひどい。
?? Uber認めれば良いだけでは? >タクシー免許の見直し検討 運転手不足に対応、警察庁
普通第2種免許の受験資格のうち、経験年数要件の短縮を検討するとのことです。
労働力不足を外国人労働者で補おうとすると、流石に日本での普通免許で3年以上では、事実上、無理だったわけで、果たして2年でどれくらい変わるのか注目したい。
運転手不足より、タクシーに乗りたい人の所へ行けていない、マッチングが出来ていない事の方が問題だと思う。
Uberと既存のタクシーを同列に扱うのは間違い。
Uberはあくまでも「ネットで呼べる」気軽さがメリットだが、ある意味で白タクと変わらないまがい物に過ぎない。
ただ、タクシー運転手の待遇、タクシー会社のビジネス・モデルが変わらないと、運転手不足という本質的な問題は解消できないのではないかと見るが…。一部のタクシー会社は頑張っているが、地方都市でタクシーを乗ることが多い小生から見てタクシー運転手が魅力的な商売のように見えない。私みたいな車を運転することが好きな人間にはいいと思うのだが…。