新着Pick
601Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
誰に取材しても、徹底的に口が堅いことで知られるアマゾン。そんな中で、イケメンのファレルさんは、ギリギリのレベルで、その戦略や裏の狙いを言外に匂わせてくれる貴重な方です(笑)。もちろん核心は教えてくれませんが…。

ただ、アマゾンが「顧客のためにベストなモノを提供する」と繰り返すのは一見建て前にも聞こえますが、しがらみだらけのテレビ・芸能界の取材をした後だと、そのシンプルさな価値判断基準こそがキーなのかもしれない、と。

日本では、ジャニーズの戦略もあって、テレビ局のドラマなどがなかなかネット側に出てこない時期が長らく続き、定額配信といえば、海外の人気ドラマがメインでした。ですが、アマゾンでの話を聴くと、やはりブレイクスルーは日本ローカルの、オリジナルコンテンツが肝なのだと改めて痛感しました。その攻めぶりは、予想以上でした。

それに芸人から制作舞台まで、徹底投入した吉本興業の攻めの姿勢はすごく面白いですが、インタビューでも語られる、松本人志さんのネットでの作品作りへの徹底ぶりなどは、さらに興味を惹かされました。ドキュメンタルは、やはりテレビで見なくなった、キワキワの緊張感と笑いの往復がすごいので…。

ライバルのネットフリックスは、米国のドラマは死ぬほどレベルが高いですが、日本のオリジナルで、どれだけブレイクスルーが出るのか。有料ではないですが、ホンネテレビ以降のアベマTVがどうなっていくのかも含め、芸能界の今後の動きとともに、注目したいことだらけです。
AmazonもNetflixもコンテンツに大金を投じ、世界に配信し、テレビ局を巡るしがらみや忖度からコンテンツを解放する点で、制作者から見ればこの上なく魅力的。しかも吉本興業を「お笑い芸人」の集団としてではなく、原作や企画を打ち出す多様な才能の宝庫として正しく認識しています。これを日本の通信会社が10年前にやっていたら・・と思います。
ジャニーズと吉本興業という日本の2大芸能事務所は、新しいプラットフォームへの対応力の差で数年後にはとてつもない大きな差が出来ていそう。看板タレントをドンドン投じている吉本は凄い
今日のインタビューで、ジャニーズ後の世界、の特集は最終回です。7日間、読んでくださった読者の皆さん、有り難うございました。ちょうどアベマテレビのタイミングで、とても多くの方に読んで頂けました。

経済メディアとして、芸能界は通常の取材カバー外です。ただしがらみの多いテレビ局やエンタメ業界に、新しいことをやろうとしている人が存在する、という点を頼りに取材をしました。

NewsPicks は今後も、経済メディアでありながら、新しい挑戦やムーブメントを後押しする企画を出してゆきます。
Amazonはあまりメディア露出がないので貴重なインタビューですが、この分野でも確実にトップランナーですね。確かにSMAP脱退メンバーをフィーチャーした映画とかを大々的に作ったりすると、かなり象徴的なことになりそう。
本来ならそういう目玉Netflix、Hulu、Abemaとかと共同戦線をはって、「動画では見られる」みたいに大々的にやったほうが、対テレビという意味では全プレーヤーにとって良いんでしょうが、ライバルが裏切るかも、ということでそうはならないという、典型的な囚人のジレンマ状態ですね
松っちゃんの『ドキュメンタル』、結局全部見てしまった。
一般の電波では、自主規制で先ず無理だろうなと思いながら見たが、そこにネット配信の持つ底力と可能性を感じた。
『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』は、Lostの時の様にハマりそうで怖いので、自主規制中。

アマゾンの顧客層が幅広いのは、eコマースの黎明期にストアから入った人が、特に年配者に、多いから。
かくゆう私も最初のアマゾンは、アメリカのストアで買ったCDでした。
その後日本に進出したので、ドイツから日本のストアで買うという変則技も使ってました。

先行投資とも思える破格の活動がアマゾンを支え、それ故、破格の値段のプライムや、自主制作番組への大規模な投資が可能なのでしょう。
もちろん「顧客のため」という哲学は、「顧客が喜び大量に使う」事がビジネス上見込めるからだが、その意思決定の大胆さは抜きん出ている。

大体のものはストアで、本はキンドルで、映画はプライム会員特典で。。。悔しいが一度使うとやめれない。
しばしば比較されるアマゾンとネットフリックスですが、コンテンツ制作の方針はちょっと違う印象。アマゾンは日本ローカルでヒットする作品に力を入れており、ネットフリックスは日本制作であってもグローバルに通用することに価値を見出しているように思います。

例えばネットフリックスは「火花」を配信した際にも、「日本と海外の視聴数が半々程度」と発表していて、米国の社員に聞いても「ブラジルでもかなり見られているんだ」と自慢げに語る。また、オタク向けアニメに力を入れているのも、オタク向けは世界市場に通用するから。(逆に日本の子供向けアニメは最近は最大市場の米国で人気がない)

「ネットフリックス・2017年アニメ発表会」
https://www.gizmodo.jp/2017/08/netflix-anime-slate-2017.html

どちらが良い・悪いではなく戦略の違いですが、こと日本市場ということでいえば(映画市場を見ても分かる通り)ドメスティックなコンテンツを求める傾向にあるのは確かです。
確かに笑いは文脈依存性が高い。だからローカルになるのは理解できます。イギリスやアメリカのように自国の文脈を他国にも力技で理解してもらえる国はある程度いけるかもしれませんが。

日本だと文脈が少なくとも笑えるもの、つまり昔のドリフとか最近のピコ太郎とか、小学生に受けるものの方がグローバル化はしやすいのかもしれません。

ドラクエが任天堂と組もうがプレステと組もうが、大事なのはその「世界観の強度」なように、吉本にも同じことが言えます。世界観の強度を維持することに注力する姿勢は素晴らしいと思います。
まず一緒に仕事をしたい!というAmazon側の持ちかけから、企画が始まっていることが興味深い。

Amazonのようなバケモノ企業が、ローカライズを超真剣に考えているという事実。
データだけではなく文化と向き合ってるからAmazonは進化し続けているのだと理解しました。
記事の通り、確かにコメディってローカルですよね。芸人さんがテレビで出来る事が減っていることを公言する中での、アマゾンの猛プッシュ。利用率14.4%と頭一つ抜けだしましたが、間口が広かった印象があります。
この連載について
国民的アイドルだった元SMAPの3人がジャニーズ事務所を退社して、インターネットを主戦場とした、新しい挑戦を始める。それはテレビ局と大手芸能事務所が蜜月となって築いてきた、エンタメ業界の「古い慣習」を打ち破ることになるのか。キーマンたちを追う。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
103 兆円

業績

吉本興業株式会社(よしもとこうぎょう、英語: Yoshimoto Kogyo Co., Ltd.)は、大阪府大阪市中央区(登記上の本店)と東京都新宿区に本社 を置く、マネジメント、プロモーター、テレビ・ラジオ番組製作、演芸の興行等をグループで行う吉本興業グループの持株会社。通称「吉本」、「よしもと」。 ウィキペディア

業績