新着Pick
383Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全体的に如何にジャニーズが横暴で酷いか、というトーンですが、読めば読むほど、一つの企業体として経営努力しているし、立場が強いものとして合理的な交渉をしているように見えました。
むしろ、そこに「依存」しているテレビ局と、そのテレビ局の放送波が国に与えられた寡占的特権的地位であること自体が問題で、事務所の戦略としてそこが牛耳れるなら牛耳った方が利益も取れるし合理的。ある意味、中国共産党の政策も立場からすれば合理的と思えるのと同じ感想を持ちました
Zero to oneでもあるように競争すべきでない、市場は独占すべし、という絶対のセオリーはスタートアップだと賞賛されるあたり、人の見方って面白いですね。
ただただ一点、私がこの原稿で言いたいのは、古いしきたりに泣いている才能たちがテレビ局には山ほどあるということです。この特集の第一話で、アベマTVでキレキレの企画を生んでいるのが、実はテレ朝出身の若い担当者らだという話を書きました。

もはやテレビの黄金時代を味わってきた方々に、このテレビと芸能事務所の長年にわたる構造問題を抜本的に解決することは難しいのだろうなと思います。

私も新聞や雑誌からインターネットメディアの世界にきた者の一人ですが、テレビの世界からも、そうした人材流動が起きたら面白いなと思います。でも給料がとても良いから、やはり嫁ブロックやしがらみで、進まないものでしょうか。今後の推移に注目したいと思います。
問題の根本は、規制に守られた既得権益産業である点と、過去20年言われ続けた「放送から通信へ」のパラダイムシフトのいよいよ最終章に入ったという見立てでしょう。

放送法による電波利権を独占するテレビ放送の、産業としての劣化は経営人事や長期の業績低迷、時価総額下落を見て明白です。

そこに、放送法枠外のインターネット通信によるニコ動やAbemaの意義があります。

米国ではネットフリックス、Huluらの通信型が主流派になりつつあり、フェイスブックも自社コンテンツ制作の準備をしています。

世界的に、通信型コンテンツ消費へのシフトによる、電波放送の黄金時代の終焉が秒読み段階だと思います。
まさに「ホンネ」を覗き見することができました。こういう古いしきたりが変わっていきにくい世界っていうのはちょっと悲しいことですね。

ホンネテレビに対する糸井さんのTwitterの言葉がちょっとじーんときました。
「出演者が、じぶんのことばと、じぶんの判断でしゃべっているように見える。」
すごく生々しくて面白い。

あの見せしめ会見はいまだによくわからなかったし、インターネットでジャニーズのタレントが黒で塗り潰されていたり。事務所としての力が強大であるがゆえ、こうした「異様」なことがまかり通っているのでしょうね。

「作品にこだわる人は、自然とジャニーズタレントとは距離ができます。」

これのホンネがすべてを物語っていると思います。
もちろん素晴らしいコンテンツもあると思いますが、テレビはジャニーズにとってのエコシステムになり過ぎたことが、テレビを面白くなくさせている一因でもあると思います。
最適化されすぎると古くなった時に変化できなくなる典型じゃないか
前ほど男性タレントを独占してるって感じでもなくなってきたけどね。
半分は「高いクオリティ」を求める人たち、残りの半分は「ヤクザ」とは言い得て妙でした。まさにお得意様攻撃による過労死問題に繋がりそうな片鱗。

読んでいて楽しかったですが、逆に想像通りでもありましたし、こういった持ちつ持たれつの関係って別に芸能界に限った話ではないのかもとも感じました。

まさに「共依存」という言葉が似合います。

ただ、今後、ジャニーズがネットに進出してくる可能性は全くゼロなのでしょうか?
経営権が変われば、その姿勢も変わってくるかもしれません。
その際、ネットコンテンツ製作者側とどのような関係になっていくのか興味深いところではあります。
どの業界にもこのようなことはあって、それが強いのが芸能だと思います。格闘技も多かれ少なかれある。しかし、ウェブの出現や時代の進化でパワーバランスは崩れてきている。未来に期待です。

こんな時に誰が先頭を切るかなのですよねえ。
電波利権に守られた大店に対して、本来は「出入り業者」のはずの芸能事務所が様々な便益を提供して入り込んでいき、しまいにはそれなしではTVが成り立たないような依存構造を築き上げて主従関係を逆転させる・・・ずいぶん横暴な話だという気がする反面、そりゃつけ込まれたTVが悪いんじゃ?という気がより強くした記事でしたw。
この連載について
国民的アイドルだった元SMAPの3人がジャニーズ事務所を退社して、インターネットを主戦場とした、新しい挑戦を始める。それはテレビ局と大手芸能事務所が蜜月となって築いてきた、エンタメ業界の「古い慣習」を打ち破ることになるのか。キーマンたちを追う。