新着Pick
1266Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
筆者です。これまでジャニーズ事務所の「鉄の掟」によって、インターネットもSNSとも無縁だったSMAPの元メンバー3人組が、今週、初めてインターネットテレビの「アベマTV」で72時間の生放送に出演します。その仕掛け人であるサイバーエージェントの藤田晋社長に独占インタビューをしました。

とにかく、仕事時間の90%以上をアベマTVに注いでいるといわれている、藤田さんのトークがとても面白い。テレビ業界にまつわる「忖度文化」から、地上波ではリスクがあって実現できない企画案まで、つまらなくなる一方のテレビを超えていく可能性を強く感じました。

ちなみに藤田さんが最もお気に入りだというバラエティ「全日本パリピ飲み選手権」は、あまりの馬鹿馬鹿しさと、その真剣さに、締め切り前にもかかわらず見入ってしまいました。。。。表現が自由だからか、司会役のロンドンブーツの田村淳が、すごく楽しそうでした(笑)。表現者がネットは楽しい!と本気で思ったら、おそらく業界はかわるでしょう。
いやーすごいですねー、藤田さんのリスクある大胆なことをいつも仕掛けてくる姿勢が私は大好きです。また、この記事にはいくつか意味がある気がします。(藤田さんは意味のない取材を、これまで全くと言ってよいほど受けていないので妄想してみる)

1. AbemaTVはこれからも忖度無視するからよろしく。という、先んじた謝罪的な意味。
2. 企画力は負けないよという宣戦布告、そして小さな流行を確実に作り始めている自信、自負。社員にも誇りを持たせる。
3. それをNPの読者、まだAbemaTV見てないだろう層に向けてあえて発信。味方作り。
4. IR。ちょうど決算でも200億円突っ込んでるのに、営利出してるという発表をして市場を驚かせていましたが、まだまだ戦力寄せるよ。というアピール。
5. これが一番重要。テレビ朝日をジャニーズ他から守り孤立させないという目的。(一切知らなかったと筋を通している)
※余談だが、経営者がリスクをとる時に一番嫌なカウンターパンチは、関係のないところに反撃されることである。今回で言うと、テレビ朝日が何か被害を受けること。なので、「知らなかった」と言えるのが強いし、事実、本当に隠して進めていたように思う。


これからがますます楽しみになる、素晴らしい取材でした。NP編集チーム様には、Smap3名のサプライズ登場に期待したいですが。笑
藤田さんもさすがですが、私はやっぱり飯島さんが凄いと思いました。ときどき仕事をご一緒しましたが決断が早い、絶対ブレない。で、義理人情に厚い。今回「新しい地図」のAbama出演を決めたのは、すべてのしがらみから自由になった飯島さんの意思のように見えました。これからも彼らを守っていくよ、という意思も。

帰国するとAbemaを観ることが多いです。新しさを感じるからかな。御曹司とかエゴサーチの番組も観てみたいです。一時期のフジ深夜枠のような何か始まる感がいいんですよね。
パナソニックの馬場渉さんが引用していたザッカーバーグの言葉を思い出しました。

「シリコンバレーの人々には、大きな過ちが2つある。1つは、ほんの2~3年で世の中を大きく変えられると、過剰な期待をしていること。もう1つは、10年あれば世の中を大きく変えられるのに、その力を過小評価していることだ」

ポスト平成を迎える今後の10年、日本はかつてないほど変わると思います。
面白い!特に最後の部分、「一発当てる」のではなく、長い時間かけて積み上げて行こうという姿勢がとても好きです。ネットフリックスも過去30年にわたる地道な積み上げでここまで来ました。

かねてから、日本のテレビと芸能事務所の閉鎖性は、日本のテクノロジー業界の成長阻害要因になっていると言い続けて来ました。データ容量が大きく、まとまった売上が見込めるビデオが、新しいビジネスモデルの成長サイクルにはいらないと、映像ソフトやインフラ技術を作る人達へのお金も回らず、拡大再生産ができません。大げさにいえば、日本の国際競争力の足を引っ張っていると思っていますので、なんとかここで蟻の一穴があいてほしいです。応援しています。
SMAP解散のニュースを見て企画を思い付いたとのこと。これも、常に目玉コンテンツを探しており、ゲリラ戦で何ができるかを考えており、思い立ったらアプローチできるアメブロ時代から培った芸能界とのコネががあるからこそ実現できたこと。
テレビ朝日の中の人を守るために「ダマ」でやる老獪さも経験のなせる技ですね。
そして、読んでいて感じたのは、本気で既存メディアにかわる存在になろうという目線で、NPが日経を置き換えに行ってるのと同じ姿勢を感じます。
NPでも編集部を置いて、独自記事を強化しようと決断したのは、サッカー本田の独占インタビューで流入が一気に上がったから、と聞いたことがあります。やはりコンテンツis king。目玉企画で流入をはかり、定着させていくというのは王道なんでしょう
このなんでもやってやる本気度と積極的な投資がすごい。SMAP解散からAbemaへの出演を瞬間的に思いついてすぐコンタクトもとって。72時間ホンネテレビはAbemaのこれまでの記録大更新するんでしょうね。
しかし「御曹司ボーイズ」みたいなのはもしやったら女性に大人気だろうなぁ。Amazonのバチェラーもかなりヒットしてたし。今後の挑戦が気になります。
忖度の多くは誇大妄想は、本当にその通りだと思う。大物作家は、みんなが忖度しまくって、意外と仕事で口説かれたりとかしてない。
この意思決定スピードの速さと普通なら決断しきれないことを決断してしまう意思の強さは本当にすごい。
Abemaは周りを見ると僕ら三十代はじわじわ見てる人が増えてる感覚ですが、学生の子に聞くと十代にはもうかなり見られていると聞きます。若い世代に定着していれば、あとはどれだけスピードを早められるかですね。インスタもそうですが、こういうネタは高校生や大学生の方たちのコメントが是非見たいです。
一気に読んでしまいました。

パリピ選手権はその昔DVDで流行った全日本コール選手権を思い出しました。

当時、DVDで爆笑しては近所の居酒屋でコールばかりやってたなぁ。

忖度の部分については、一種の伝言ゲームみたいなものですからね。勿論、事実もあるのでしょうが。
だから秋元康さんに敢えてタメ語で話しにかかる指原莉乃さんが気に入られたりするのでしょうね(笑)

一方で、今は自由な企画でもDeNAのWelq問題のように、影響力や認知が広がってくればしがらみが生まれてくるのかなとも感じました(あれは企画の自由とはまた違うところにも問題がありましたが)。

昭和のテレビの企画なんて自由そのものでしたしね。

だからこそ、永遠の自由であってほしいです(笑)