新着Pick
443Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
toCだけでなくtoBも、当然取りに来る領域ですよね。ここが取れると更なる安定収益として大きいですね。
まずは米国とドイツからみたいですが、日本に来るときはアスクルさんたちとガチンコ勝負、頑張ってもらいたい。
これも勝ちパターンに入ってるな
toBのプライム会員サービスが始まるのですね。評判が良ければtoCより早く広がるかも知れませんね。年会費は企業規模に応じで変わるのですね。なるほど。
会社で入るメリットは感じないなあ〜と思うのは、
日本には、アスクルがあるからですね!
現状だとアクスルがサービス力でアマゾンより優っていると思いますが、アマゾンが年会費を活かしてどのような価格設定をしてくるか。日本参入した時にはチェックしたいと思います。
米国でのシッピングコストが不明なので想像で書きますが、仮に日本と同様に例えば$20以上ならfreeだとすると、納期よりもまとめ買いによるボリュームディスカウントが指向されそうな2Bではプライム化の必要性がよくわからない印象です。単なる収入底上げなのか、プライム向けの割引や提案があるのか、プライム化の狙いが気になりますね。
アスクルの牙城を崩せるか楽しみですね
アスクルやカウネットと正面から競争。
アスクルよりもAmazonで買う企業が増えそうですな!
Amazon freshにつづき Amazonビジネスというわけか。消耗品は定期購入、サブスクリプションできるとたしかに楽だが、独占が進むな。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
105 兆円

業績