新着Pick
602Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日公開のブレードランナー2049.手鏡映画.
映画内で出てきた色々なSciFiについて,研究視点から考察をリストアップしてみました.専門用語まじりの英論文で紹介するのは読み手にも手間がかかるので,できるだけ国内の研究成果からお話します.

本作では,主観的な意識(魂)をレプリカントの生と死によって表現する場面が多々見受けられました.なかなか主観的な意識を他者が客観的に定義できないため,研究者も意識について定義しかねています.
その定義に大きな問題提起をもたらしているのが本作なのでしょうね.
代表的な研究2つを挙げてみます.

[意識(魂)の定義]
哲学:TED talk哲学者ジョン・サール「意識ー私達人間に共通するもの」
https://goo.gl/n2GudS

生理研研究会2017意識の脳内メカニズム
https://goo.gl/pc2jy5

哲学者ジョンサールtalkは必見です.
これ観るとレプリカントについてまた違った解釈をしたくなると思います.

[人工網膜]
例の社長が使用していると思われる人工網膜.
色々と提案はされ続けていましたが,今年その効果が国内でも発表されていました.医療機器としては2021年に承認を目指しているので,そんなに未来の話はないのですね.もちろん,その後にさらなる改良があるのでしょう.本作では多眼網膜なのでAugmented Humanでもあります.

阪大 不二先生
https://goo.gl/WV3ugW

[空飛ぶ車]
もう各所で開発が進んでいますが,どちらかというと小型の飛行機になるのでしょうか.ただ,本作の空飛ぶ車はKittyに近い挙動でした.

Kitty Hawk Flyer動画 https://goo.gl/jH5rM2
その他の空飛ぶ車まとめ https://goo.gl/VvRMx9

[3Dディスプレイ]
3Dディスプレイは,小型化が難しそうですね.まず屋外での光量が問題です.
ただ,小型プロジェクタはもう一般的なので,光学モデルの問題が今後の課題となるのでしょう.

電通大 小泉先生
https://goo.gl/9J3Z9y

その他にも語り尽くせないポイントがありますが,この程度にいたします.
個人的には,本作の意識(魂)の表現が気になってたまりませんでした.
どうにもこうにも3回は観ないと.
実はもう試写会で見てきました!
前作から大好きだったので、30年以上たって一体どんな続編が……?と期待していたら、期待以上。取材のときは玉城さんとも「あのシーンぐっと来ましたね」と感想トークに花が咲きました。
この手の映画は絶対にネタバレ厳禁だと思うので、言いたいことはいっぱいある……けど言えないのが悔しいです。
でも、ライアン・ゴズリングのカッコよさはポスターからも滲んじゃってるので、超カッコいい!! とお伝えしておきます(笑)。
これから先、また伝説になる映画だと思うので、ぜひ劇場でご覧ください。
私みたいに試写会で見た方、海外で見た方も、アツい感想をお寄せくださいね。
リアルタイムで興行的には全く当たらなかったブレードランナーを見て、その後ディレクターズカット版も全て目を通していますが、本作の評価は非常に難しいです。
まず163分という上映時間はあまりに長く、しかもヴィルヌーブ監督自体冗長さを愛する人なので、1度や2度は睡魔に襲われること請け合いでしょう。

そして前作は全て定められた上の出来事で本作の主人公も、ある意味その枠の中で生き、死んで行くという一見救いのないストーリー展開は、尺の長さと相まって感動よりも陰鬱な印象を与えます。

しかし、だからといって本作は決して駄作ではなく、むしろ傑作であることが個人的には葛藤するところなのです。

レプリカントという名のこの世界のアンドロイドは、生殖能力がない以外人間とほとんど区別がつきませんが、唯一相手に共感する能力がない、という点が人間と大きく異なります。
人間と創造物の違いとは、つまり共感力なのです。

原作にはマーサー教という宗教が登場します。しかしラスト近くでこの宗教自体、実は俳優が演じたでっち上げのインチキであることが明らかになります。
しかし作り上げられた偽物であったとしても、それに共感して起きた気持ちも行動も本当のことです。では偽物と本物の境はいったいどこにあるのか。
同じように人間と、偽りの命も実はその境目はあやふやなものなのではないか?

表現の方法は違いますが、このテーマは一連の作品を通じた共通した問題提起だと言えます。

ブレードランナー2049では、レプリカントは感情面でも人間とほとんど変わりがありません。
それは「ある奇跡」のためです。彼らはその奇跡ゆえに、レプリカントが人間たろうと、ある行動をしようとしています。
しかし主人公は最後まで人間ではなくレプリカントとして、しかしレプリカントでは決してとらないであろう行動をします。

偽りの命、偽りの愛、偽りの共感、しかしそれは実は偽りではないのかもしれない。あるいはその差なんか最初から存在しなかったのかもしれない。

この物語はブレードランナーの続編ではなく、むしろ原作である「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」をベースにしたもう一本のブレードランナーだと考えると、よりしっくりくるのかもしれません。
私自身手放しの賞賛はできませんが、一方で前作のファンであるのなら、覚悟して鑑賞すべき作品でもあります。
まだ観ていないのですが,前から思っていたSFに関する気付きを一つ.
前作もそうだし,本作もそうだと思うのですが,「レプリカント」と呼ばれる人型ロボット(アンドロイド)には,感情はともかく人間と同等かそれ以上の能力をもったAIが存在しています.例えば,これほど高度な情報処理を人工でできる世界で,なぜ人はいまだにクルマを運転しているのか.自動運転は? SFは現代人が鑑賞する人間ドラマなので,軸足は現在の世界に置いたままになり,冷静に考えると,おかしな未来社会になっています.そこはお約束なので,楽しめれば良いということで.
「何かに触れる、触ろうと手を伸ばす、自分の手を動かしてじっと見る……。「手」は私たちにとって単なる体の一部ではなく、動かすことで「意識」や「生」を確認できる象徴的なものです。」(記事引用)

この一文を読んで、石川啄木の歌、「はたらけど はたらけど猶 わが生活(くらし) 楽にならざり ぢつと手を見る」を思い出した。そして、新しい解釈ができた。

オリジナルの『ブレードランナー』は酸性雨降りしきる地上都市の景観だけで、SFの金字塔といえるぐらい「リアリティ」があった。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作『メッセージ』は最近観た映画(SFに限らず)でも出色だったので、同監督が『ブレードランナー2049』を撮ったということで注目している。

レプリカントの「手」は何を象徴するのだろうか。啄木の歌と共振する何かかもしれない。
35年前に上映された「ブレードランナー」とその原作・フィリップ・K・ディックの原作小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
やっぱり、何度観ても、読んでも、面白い。「ブレードランナー2049」観るための予習完了です。
見ました。傑作です。エンタメとして面白いだけではなく『問い』を投げ掛ける素晴らしい作品でした。

自身の仕事で言えば、最近ラグジュアリーブランドのプロモーションで80年代を調べることがやたら多いです。80年代というのは、最近でもあり、昔でもある。もしかしたら2017年に生きる我々の『未来』を考えるには、80年代くらいに視点を戻すのが一番見えやすいのかもしれません。

「ピラミッドを作った奴隷(二日酔いで欠勤できた?)と、会社員は何が違うのか」という話題が最近よく出ます。同様に「人間に代わる労働力として開発された高度なレプリカント」とはどう違うのでしょうね。明らかに違うと言える自分を、息子たちに見せていきたいものです。
今日見てきた!無類のデイック好きすぎて前作は全く楽しめなかったのだけど、あれから15年がすぎぼくも大人になったのか今作は最高でしたー。ヒロインの子かわいすぎ!
LivePicksの初CMとして流れた15秒CM見ただけで、「ブレードランナー2049」への期待は高まった。今日公開か。
もう一度原作を読んでから観に行こう。
観てきました。前作からのファンですがSF好き、AIの未来に興味のあるかたは必見と思います。
ヒトもレプリカントも過去をどう自分の中で消化して今を生きるのか?というのがそれぞれの生き様に現れていて、よき過去として振り返れるような今を生きなければいけないな〜と染み染みと思えました。
娘の父親としてジンジンくる感じでした。監督の前作の「メッセージ」とそこは共通するところなのでしょう。
新着記事一覧
最速124キロ女子・島野愛友利が“二刀流”デビュー 女子野球の発展願い、背番号は89
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

前代未聞!? 米で「9-2-5-6」のトリプルプレー発生「大混乱」「ただ間抜け」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

PSG、敗戦でシーズン終えるも新記録達成。仏1部史上初の“全試合得点”
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

西武・辻監督、5失点KO多和田の2軍降格を示唆「10日間ということもある」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

【MLB】元Gマイコラス好投も…早くも昨季超える5敗目 監督は評価「素晴らしかった」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

中日福田がヤクルト戦前に緊急帰名 前夜に右手首負傷、検査のため
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

ブンデス公式ベスト11、長谷部誠は選出ならずもフランクフルトから最多の4人
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

「原監督がレスラーだったら…」 タイガーマスクが熱弁する原辰徳の“魅力”【第2弾】
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

箱根の未来は1年生のタイムでわかる。今年の3位は青学、1位&2位は……。
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

ロッキーズ、ストーリーが遊撃史上最速100号&劇的弾 成長止まらぬ若き“ホームランアーティスト”
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks