新着Pick
907Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
山本社長は昨年「社会部」という新しい部門を社内に立ち上げ、他の事業部と連携することで、すべての事業を社会に役立てようとしています。歴史と革新性を併せもった企業だと、常々感じています。
たねやの洋菓子ブランドであるクラブハリエの一部店舗では「焼きたてバームクーヘン」を食べることができます。ラコリーナ近江八幡は勿論ですが、東京では日本橋三越店と池袋東武店で手に入ります。賞味期限が一日なので贈答用には適さないのですが、間違いなく、最も美味しいバームクーヘンです。
山本社長やたねやの生き方に、取材陣全員が感動したインタビューでした。

「地球の歴史からしたら、たった145年しか商いをさせていただいていない」「目先の利益ではなく、100年200年先に引き継ぐために、今何をすべきか」「近江八幡を未来永劫選ばれる土地にしていきたい」

近江八幡に根付き、自然や歴史、文化を次世代に引き継いでいくために、お菓子屋さんですが京都大学との連携や農業、まちづくりなど、さまざまな取り組みをされています。

しかもオフィスがすごくオシャレで機能的!働く人がわくわくしないといけないと世界中で視察を重ねた結果、一番参考になったのはアメリカのディズニーだったそうです。働き方も先進的で、20年前から自社で保育園を運営されています。

ちなみに、ラ コリーナ近江八幡で食べた、限定の焼きたてカステラがとても美味しかったです!美しい自然と景色、澄んだ風、穏やかなたねやの方々に癒される場所なので、ぜひ訪れてみてください。
決して好立地ではないですが、フラッグシップ店自体が観光地になってますよね。この辺りは非常に参考になり、単品スイーツ→直販EC→実店舗→六次化→ヴィレッジ化と、より魅力を伝える流れがいいですね。
西川貴教さんが好きで、昔からたねやさんのことは名前だけは知っていたのですが、今回取材にいったチームメンバーからふくみ天平をおみやげにもらって、ようやく食べれて嬉しかったです。そして、おいしすぎました。

この記事はお菓子屋さんという顔だけでなく、まちづくりや空間づくりの細部までにたねやさんの「生き方」というものが感じられるものでした。それが近江八幡の今と未来につながっていくと考えると、東京では感じにくい魅力がありますね
たねやさんのラコリーナは、建築の側面からも訪れてみたい場所です。新進の建築家ではなく、重鎮・藤森さんに託された点が興味深かったです。

たねやのお菓子は和も洋も、手土産で迷った時によく選びます。和菓子は季節性もあるし確実に美味しくて、安心して選べるから。初めて社長さんのお話を拝見した気がしますが、いい会社なんですね。
これは面白いですね。近江八幡など琵琶湖周辺は歴史が本当に古く深く、ご出身の方であれば地元に愛着が生まれるのはもっともだと感じます。農業、商業の両面で何百年にもわたり長年関西の要の役割を果たしてきた地の利を生かさない手はない、そう判断されたのではないでしょうか。
謙虚さと野心を合わせ持つこと。ローカル経済を立て直すという傲慢さはなく、大切なことを継承していくという自然な感覚。歴史を背負っているから出てくる言葉なんだろうな。
叶松寿庵の、寿長生の郷のことを思い出す。松下幸之助も通ったという話も聞き、心が休まる場所。
たねやは、寿長生の郷は近所なので、両方行く人も多いのではないだろうか。
お菓子で大量生産できる仕組みがキモ。
スイーツは目で見て楽しむような創作和菓子やショートケーキのようなものは大量生産しにくいので供給量が限られる。需要が供給を越えればもちろん価格を上げることができるから利益率も上がるがおそらく均衡点が低いので一定金額を超えて来ると需要が止まる。
自動化してコスト下げる事よりいかにして均衡点にギリギリ近づいた生産量とそれを上げて行く流通の確保をうまくバランス取りながらできるお菓子はブレイクして行く。
大きくなって行くスイーツを考えるとバームクーヘン、チョコレート(ゴディバ)、チーズケーキ(BAKEとか)などかな
たまたま最近何回かたまプラーザ店で最中と栗まんじゅうの詰め合わせを買ったのですが、そのたねやがこのような企業だとは全く知りませんでした。驚きです。
洋菓子も、そして「ラ コリーナ」も。これはオフィスでありアトリエであり工場でもあり、もやは観光地でもあります。
お菓子を媒体にした、「時間」「空間」「空気」「憩い」「コミュニケーション」「悦び」の創造を目指していらっしゃると拝察しました。「幸せ」を届ける・・・
行ってみたくなりました。
この連載について
人材の首都圏への集中という社会的課題に向き合い、働き方改革や地方創生の一助となるよう、「自分が活躍し輝ける仕事とは何か」「自分の職業観に合った企業はどこにあるのか」という「問い」を多くの人に考え始めてもらうキッカケをつくり、首都圏から地方への人材流動を推進していきます。