新着Pick
543Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
士幌高校の近江校長は、本当にステキな方でした。
あんなに人間力の高い校長先生がいるんだなと。…
 
県内トップクラスの生産技術を持ち、同時に産地の若手育成も行う新門さん、森さんの紹介ができてうれしく思います。

近江校長・森雅也さん コメントありがとうございます!
https://newspicks.com/user/132692/
https://newspicks.com/user/2897700/

そして試飲していただきましたトマトジュースも来月から発売、楽しみです。RightARMも来月から本格稼働します。

http://www.shinkado-tomato.jp/about

追記: ピッカーとして初めて対談しました。関係者の皆様、機会を頂きありがとうございました。

追記2:
Hirose Yoichiroさんのコメント、
「目的なくして手段なし」。まさにそうだと思います。

実際に意識改革が起こって単位面積当たりの収量が上がったところでも、実売上が下がったところがあります。理由は「量を作りすぎて単価が下がったから」と「販路コントロールができない仕組みだったから」。1つが変われば全部がガラッと変わるわけではないです。

また、門川町のトマト生産者グループ4haでは、環境センサーから取れるデータは「当たり前」とし、僕らの可視化サービスで求められるのは経営の補完として。そこに価値を感じ対価を支払って頂いています。農業経営者が必要に応じて、目的達成のための手段として、私たちを利用すれば良いと思っています。対等な関係。

最後に、基礎技術あっての「成長」にICT/IOTは手段の1つとして有効ですが、「再生」には決して向きません。理由は再生においてはやるべき優先順位は別のところにあるからです。…

追記3:
加藤さん、本田さん、コメントありがとうございます。

『基本は軸に「樹を見る眼」があり、その上で補完的要素としてデータがある。データは生産技術の補完的要素。』

思想と立ち位置を明確にして、提供する領域と目的に定めておけば、ICT/IOTの活用価値もグッと上がりますね(^^)

追記4
※文字制限により追記と削除しました。
以下のNP日記にも追記します。
https://newspicks.com/news/2583259/
人気 Picker
この記事でも物足りないと思ってしまう俺はニッチすぎるんだろうなぁ……w
このシステムを開発した教授と知り合いなので、その先の世界を知ってるだけに。

間違いなく農業の最前線の一つはこの北海道の十勝地方であり、最先端技術の開発と普及が同時に行われています。うちが関係している資材もここで試験中。
でもそこですら、人が多くて土地が足りずに困っている。しかし後継者不足。

農業が儲かってるから、地域全体の底上げが起こっており、廃れている感じはしません。でもデザインやサービスが不足しているので、そういう面でのチャンスはたくさんありますね。
逆に言えば、このようなシステムが使える所なんて、他には数えるほどしかないので、果たしてマーケットとして成立するのかどうか?

早く今の拠点を成立させて、十勝へ展開したい……!
タイミングよく、岩佐さん・平林さんの記事も出ていますが、1次産業は「ブルーオーシャン」になりつつあると思います。理由は、必ずしもポジティブなものばかりではありませんが。
https://newspicks.com/news/2571174?ref=business

地場産業が全体で500万超の雇用に対して、農業の就業者は2年前に200万人を割って、今は180万くらいでしょうか。50年間で1100万人から6分の1になりました。平均年齢は67歳です。

地域を回っていると、地場産業については、継業・M&A・ターンアラウンドという話が出ますが、農業については「継ぐものがない」という声がほとんど。きつい上に儲からない、というイメージも相変わらずあります。

そんな中で、外からの参入も含めて、データを駆使して、生産性や収益を大きく上げているところが出てきています。ただそういったやり方の「変わり者」は、全国で2000人くらい。1000人に1人なので、まさに「ブルーオーシャン」。

また、違う観点から見ると「100年ライフ時代」に、サラリーマンは途方に暮れてしまいますが、1次産業のチャレンジャーは、70歳、80歳になっても、生き生きと働きながら生活も楽しんでいる。そんなフロントランナーになる可能性を秘めていると思います。
祖国、我が士幌。
非常にわかりやすい良い記事だと思います。