新着Pick
833Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「医療保険はいらない。というテーマでお話をしませんか?」と言われた時は驚きました。NPs攻めたなと(笑)。

確かに日本の医療保険制度は優秀だし、サラリーマンであれば休職中の補償も手厚い。こんな認識を自分も持っていました。

一方産業医をしていて日々実感するのは、日本のサラリーマンの補償が日々削られていること。実際休職期間の削減の相談はよく受けますが、延長の相談はほとんどありません。

また最近では休職中の社員についての問い合わせ電話が健保組合から産業医宛にかかってくることも珍しくありません。どうやら傷病手当金をなんとか出し渋りたいらしい。赤字に苦しむ健保からもそんな姿勢を感じます。

最近流行の副業解禁は、「働き方の解放」とも言えますが、その分病気での休職の補償が下がることを意味します。また同一賃金同一労働が厳密に運用されたら、運転不可など制限付きの勤務しかできなくとも会社の功労者には多少下駄を履かせても復職させるというような日本企業的な浪花節も通用しなくなりそうです。

大抵の場合「自由の拡大は保障の減少とセット」ですので、働き方改革が進むと個々人が国、会社、民間保険などの「使えるものの組み合わせ」を考えるような時代になるのではないかなと思います。
現状の公的医療保険は絶対に維持できませんから、その時には民間医療保険を検討します。採血2回で50万円も払う米国のような社会では、保険は必需品です。

ただ、日本の公的医療保険は国民にとって素晴らしいですから、私は民間医療保険には入っていません。ほぼタダ同然の大盤振舞いです。もちろんどんな病気になるか分かりませんし、仕事が続けられなくなるリスクなどはまた別の話なので、何があっても安心とは言いませんが、少なくとも民間医療保険に加入したからといって安心できるわけではありません。
保険も医療や社会環境の変化によって見直していかないといけないようです。万一のためですから、先端医療も考えると、保険は必要そうです。
確かに、比較的裕福な方々がお住まいの地域では、保険の販売がしにくいというのはあるようです。
ちょっと風をひいて医者に行く。
30秒くらいの診断で「風邪ですね」と言われ、処方箋持って薬屋に行くと薬がドッサリ!
正直薬屋さんも首を傾げている。

歯医者からの緊急メールが来て「早く定期検診に来て下さい」メールが来て、慌てて行って見るとただの検診。医者の言い草が「どうせ保険なんだから」...。

こんな末端の医療現場では公的医療保険が破綻して当然。

こちらの方が問題!
日本の医療保険は本当に優れていると世界各地の保険制度を知り、南米数か国で現場で手足を突っ込んで状況を理解していると本当に思います。

ただ、保険って結局はないと困る部分をカバーしてくれればいいだけなんで、1「ないと困る部分を特定」して2「そこだけがカバーできる保険に入る」なんですが、日本の場合は1が非常に限られているので関係ない部分もカバーしないと保険というビジネスとして成立しないところが難しいんじゃないのかなと思いました。

南米では民間保険に入らないと家の近くにあるきちんとした病院で診てもらうことすらできないので、1をあまり考える必要がないんである意味意思決定は簡単です。
保険にしても、車や住宅の営業にしても、裏にお金が絡んでいる、と思うと、どうしても、「僕の利益のため」、ではなくて、「営業している人の利益のため」におススメされているように感じてしまうのはなんなんだろう。そこを打破してくれるようなサービスが出てくると、大きく変わりそうなんだけどなあ。
ほけんの窓口は、けっこういい感じ、と思ってけど、やはり、裏で広告料をたくさんもらっている保険を勧められている感は拭えなかった。
payer から、partnerの時代になると、その辺は変わってくるんだろうか。
個人的な経験からいえば、民間医療保険での便益は入院時の差額ベット代が主たるものでした。

現行の民間医療保険は公的医療保険が前提になっています。仮に高額医療制度の自己負担額の大幅増額や75歳以上での医療費自己負担となると、現在の民間医療保険は破綻するのではないでしょうか。公的医療保険が変更された場合に、現在の民間医療保険がそれを補完するものになるとは考えにくいです。
民間の医療保険には入っていない

あと10年もすると公的医療保険が破綻するのでその時は加入するつもり