新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

284Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
マサイマラとかまさにそうだよね。牛糞で作った家の裏にはパラボラアンテナがあって衛星放送みてるわけ
20年近く前、奥アマゾンの取材にADとして同行した際に、すでに世界最長の滝エンジェルホール(約1kmの高低差)は観光名物になっており、アメリカの大学サークル女子がビキニで観ている場所になっていました。ギアナ高地の唯一普通に登れるロライマ山もそんな感じ。ただ、流石にヤノマミの村は基本裸族で観光化はされておらず。しかし、宣教師が入っていてとりあえず何故か赤いパンツとブラジャーが普及しており、一部それを着用。あとボートをガソリンで動かす船外機は導入されていました。
最後に何故か酋長が鳥の羽で作った装飾着をくれて、いまだに飾ってあります。スペイン語を理解する人も2、3人はいたので今や様変わりしているかもしれません。

しかし、当時は安定していたベネズエラ政府がいまはひどい状況で、外国人は入国もはばかられる状況になっているのでむしろ元に戻っているかも?
現代の秘境は政治的不安定が作り出すものとなっていると思います。
そして本来、そういった世情のあれやこれやに惑わされぬよう秘境に流れた人たちが長らく伝統的な暮らしを守ってきたのでしょう。
今やネットと航空衛星にキャッチされない暮らしを獲得しようと、地下に潜ったりジャングルに籠ることで21世紀の少数民族が誕生するのかもしれません。
まあ日本にまだ忍者がいて、ちょんまげで着物着たサムライ普通にいると思っている人世界にはたくさんいますからね。

裸族の部落は日光江戸村と同じ程度に考えておけばいいんじゃないでしょうか。

南極もガラパゴス島もモアイもピラミッドもアマゾン川も行きましたが、快適な旅にパッケージ化されてたしな。

ちなみにブラジルのスラム街、ファベーラを見に行くツアーはは本物。こないだも久々に殺人事件が起きました。
でも本物のそういうリスクを覚悟できる観光客なんていないからテーマパーク化は普通の流れだと思う。
もう20年以上前ですが、エチオピアに調査に行った際に、途中の道で女の子が荷物を運んでいたので、車を降りてその風景を撮らせてもらおうと笑顔でカメラを向けました。

それを見た女の子は、みるみる顔が強張り、最後は泣き出して逃げ出してしまいました。

申し訳ないことをしたと現地コーディネーターと話したところ、彼女はきっと肌の色の異なる人を見たのが初めてだったかもしれないと。カメラも見たことがないから攻撃されると思って逃げ出したのではないかと言われました。

当たり前ですが、もし秘境で現代文明と隔絶しているならば、カメラなど向けたら防衛本能で逃げるか攻撃してくるかではないかと。

普通に写真に収まっている時点で、文明社会の人ですよね。バヌアツの人などカメラ目線も外している。いかにカメラ慣れしているかが分かります。そう考えれば、多くの秘境とされる場所は作られた画なのかもしれません。
行動した人の言葉だから、力がありますね。
編集されたものを見て、分かったつもりにならないよう気をつけます。
秘境と名付けられて観光地化すれば、もちろんお金を落とす仕組みもいるし、見物するけど快適に過ごしたい外国人向けのホテルやレストランもできる。秘境とも呼ばれていない観光地化していない場所は、誰も訪れずそれはそれで存在している。というだけな気がします。
京都で人力車で日常移動している人などいないけど、観光用には存在し、人力車に乗った姿の背景には自動車が映っている、みたいな。
エジプトもマダガスカルも超観光地。
30年近く趣味で秘境的な場所を旅しています。

残念ながら書名を忘れてしまったのですが、ある秘境に暮らす人々の生活を調べた研究者が

-食生活は悪くない。食材の種類は
日本人より多く、摂取カロリーも意外と高い。

-労働時間も日本人の半分程度。

と述べていたことを覚えています。

何よりも驚いたのが、彼らの言語に「仕事」、「労働」といった語彙がなく、仕事が「踊り」や「遊び」と呼ばれていたことでした。

仕事の原点を教えられる気がします。
最初から最後まで、楽しんで読める記事でした。
秘境はないし、すべてのものは編集されているのには納得。格闘技選手だって自分を出すときには編集してから世に出す。なので編集されたものを、額面通りに受け取ってしまうのではなく、自分の目で確認して自分の意見にしたいですよね。
私はフィリピンにいますが、特徴を残して生活している人々は多いです。しかし、文明を取り入れていないか、と言われれば携帯を使っているし、便利な文明の利器も使っています。しかし、あえて、昔ながらの道具や船などを使い観光に利用している光景はよくあるのです。
せっかくある個性を標準化してしまう愚かさを経験でしっているのでしょう。
表面的と言われようと、上手く利用するのは生き抜く知恵だと思います。
タイミング良く、ちょうど同じような記事書いてた。
http://projectsola.com/?p=1291