新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
古い考えかもしれませんが、お客さんの無茶な注文が定時終了間近に入ってきた時、それを受けて残業となったものの、その後ずーっと「あの時助けてくれたのは本当に助かった」と言って頂ける経験があるので、多少の働き方を犠牲にしてもお客さんからの信頼・期待に応えていきたいと思ってます。
「最優先なのは労働時間を短くすること」?
そうかなあ…
時間の問題にしてしまうことが問題だと僕は思っているので違和感しかない。
働くって一体何なの?
「ワークアズライフ」的な思考の人に「100時間残業しているからプロジェクト中止な」という命令を下すことが果たして正しいのか?それってその人の生き甲斐を奪ってないか?
どうしてこう標準化・統一化しようとばかりするんだろう…
働き方を考える上でも、人の思考を理解するにも、なるほどと思える記事でした。

記事中にある「人事と経営が同じベースで考える」当たり前といえば当たり前なのでしょうが、人事部門と経営部門の距離感がある会社だとこれは難しいけれど、結局会社を作るのは「人」だと考えると、これはとても基本的なことじゃないかと感じました。
さくらインターネット株式会社(英語: SAKURA Internet Inc.)は大阪市北区に本社を置く、ホスティングサーバを中心とするデータセンター事業およびインターネットサービス事業を行う企業である。日本のインターネット黎明期よりホスティングサーバの提供を行っており、日本最大手でもある。 ウィキペディア
時価総額
263 億円

業績