新着Pick
840Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
企画の会社なら、イートインを真似ればいい。「ウォッチイン」。DVDやBlu-rayなど借りたものをすぐ見れるように、イートインのように隣に視聴できるブースを用意するとかしてほしい。ネットカフェではなく、航空機会社のラウンジのような高級な家具で施設をつくればいいなぁ。
あと、DVDやCDはこと細かく調べて置いておけるようにしてほしい。選定で扱っていないものがクラッシック音楽などもまだまだ情報が少ない。もっと欲しいです!!
だって、書籍にはまだまだ売る道がある。レンタルビデオ屋には頑張ってほしい。高級な・ラグジュエリなTSUTAYA.cafeを目指して。
人気 Picker
一年前、閉店した近くのTSUTAYAの店長に
「Netflixとか、動画配信の影響は出ていますか?」
と訊ねたら、
「まったく感じません」
という回答でした。

時代の速度についていけなかったのと、危機感が不足していたと推測しています。
蔦屋書店は斬新ではありますが、書籍が売れない時代なので厳しい。

CCCが次の柱を何に据えるか…興味深いです。
韓国では店舗型レンタルビデオ屋はオンラインに変わって10年前に淘汰されてます。日本はどうやって生き残れたのか非常に興味深いです。
凄くたくさんの店舗が閉店しているのですね。
筆者の方が寂しく感じられている部分もとてもよく分かりますし、ストリーミング配信などの台頭でレンタル店に立ち寄る人も少なくなっているというのも理解できます。
一方、CCC進めている新しい取り組みはどれもワクワクしますね。これからも楽しみですね。
CD聴くデバイスないからな
【経済】ぶっちゃけアマゾン・プライムが普及してしまっている今、あえてTSUTAYAに借りに行く必要がなくなったのだと思うし、TSUTAYAは店舗ビジネスではなくTポイントカードで集めた顧客データを売ることで十分稼げるようになったのではないかな?あまり意識されてないと思うけど、Tポイントカードというのは、ポイントをもらうことで自分の嗜好データを切り売りしてるのと変わらないんだよね。
むしろ今もまだあることが不思議です
TSUTAYAが減るということはご近所書店も減るということ。今以上に、アマゾンで雑誌や書籍を手に入れる、と流れが加速するんだろうなあ。
TSUTAYAプロデュースの図書館も早く撤退してほしい
TSUTAYAでレンタルをしたことが一度もありません
近所のTSUTAYAでは、新作を含めて5本1000円というキャンペーンをずっとやっている。たまに新作のみを5本まとめて借りているので、正直無くなると寂しい。
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(Culture Convenience Club Company, Limited)は、 Tポイントを中心としたデータベース・マーケティング事業、「TSUTAYA」(書店・レンタル店)の企画とFC展開事業及びインターネット事業、出版・映像・音楽製作・企画等エンタメ分野におけるSPA事業を行う日本の事業持株会社である。 ウィキペディア

業績