新着Pick
612Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
続投を望まない理由が結局何も出てこなかったモリカケ問題に起因しているとしたら、それこそ違う意味で国難。
とはいえ、与党としてどこを選ぶかと言えば「受け皿」も存在せず、選挙でも状況は変わり得ないでしょう。「政治は数」であるゆえ、この質問自体、興味深いものの、さほど大きな意味は感じられないという気もします。
トップコメントが「平日昼間の電話調査なんかじゃ。。。」とありますが、13~15日とありますので、金、土、日の3日の調査ですね。さすがにそこまではひどくないようです。ただ、やはり恣意的なものを感じますね。
NP見るようになってから、政治ネタ、特に世論調査は出所を確認して、いくつかの新聞社はバイアスを前提にする癖が出来ました。そういう意味ではメディアリテラシーは上がった、ということかもしれません
まあ、私たち国民は一般論として「長期政権」は望まないものです。
変化が好きなのでしょうね。

それを割り引けば、37%が続投を「よいと思う」というのは、かなりいい数値でしょう。
国家にとって何が最も大切なのか。
その視点が多くの人に欠けている。
今は「安全保障」が最優先されるべき。
有事に際し、各国首脳と信頼関係を図いている人でないと、連携がうまくいかないのは明らか。
安倍首相はこれまで外交で得点を重ね、各国首脳との関係も良好だ。
それを考えれば、選択肢は一つしかない。

安倍首相の続投を望まずと考える人は、今、世界で何が起こりつつあるか知るべきだ。
もはや平和ボケは許されない時代なのだ。
すげぇな世論操作
世の中には、金利を上げると経済成長するとか、そもそも経済成長にこだわらない人と考えている人も結構いらっしゃるということになりますね。
内閣不支持率よりも安倍首相への判断ということでわかりやすい結果。現在の首相、政府は支持しないが、消極的支持として自民に票が集まるという今回の選挙になりそう。ただ、当選数だけが結果として捉えられるので自民が単独で300を超えてくると、安倍首相続投は揺るがないものになりそうな気もする。
希望しない人の受け皿が「希望」ではなく「立憲民主」になっているのも注目点。
有権者としてその意思を示せるのは選挙でしかないのですけどね。
安倍首相の続投は望まないけれど、自民党を選ぶしかない。世論と投票行動のミスマッチが明らかです。政党支持率ではついに立憲民主が希望を抜きました。これも世論と政党の動きのミスマッチです。民意が正しく反映される制度改善を考える時期かも知れません。そうでないとますます投票率が下がり、投票結果への信任が薄れます。それは民主主義そのものの危機です。