新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

469Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「フォロワー」の数よりも「エンゲージメント」。
「量」よりも「質」、「質」よりも「熱」じゃ無いですかね?

インフルエンサーとしての依頼が小生のような
おじさんサラリーマンにも来るようになりましたw

元インスタの人、@job314dimitri の
長瀬ですが、ここ最近の小生のピックを見て
フォローして頂いたNPユーザーの皆様!感謝です。

つまり今はもう、マイクロインフルエンサー戦略ですね。
弊社のブランド達ももはやフォロワー数で
インフルエンサーを選ぶ時代が終わり、
エンゲージメント率が高いフォロワーを求むように。
※インスタの場合:1投稿におけるエンゲージメント率=
(いいね数+コメント数+新規フォロー数)÷フォロワー総数、
という塩梅ですかね。

ただ、未だにそうしたお金を払ってPRをする、っていうのは
支払う金額が大なり小なりそれは小生でも出来る事ですから、
そこから抜け出さない限りは何をやっても同じですねw
一昔前から著名人やKOLを広告に使うのと
さほどレベル感は変わらないと思います。

なので、その先のマーケティングを
既に確立する必要があると考えています。
例えば、スモールコミュニティーマーケティングとか。
弊社も今後はその方向性で動いていくでしょう。

本来、インスタ映えするからそのモノを買ったりするなんて
おかしいでしょうw ナイトプールもバエルから行くってw
インスタ映えするためのアクションではなく
その人その人の趣味嗜好・インタレストに純粋にマッチした
エンゲージメントの高い活動を行わない限りは、
ソーシャルを使う意味は無い、と
元プラットフォーマーとしても思っています。

今後のアルゴリズムの進化を考慮に入れたとしても
記事に書かれているようなインフルエンサー戦略は
機能しなくなるでしょうね。

もちろん写真のクオリティー(バエル)も
ブランドの世界観を体現するのには重要なポイントですが、
参加している人の「量」よりも「質」、そして
「質」よりも「熱」の時代と小生は感じています。

弊社のソーシャル戦略をさらに次のレベルに
押し上げなくては。
冒頭に出てくる小さな下町のカフェ。

実を言うと、「地元の人しか来なかったカフェがインスタのおかげで有名になり、全国各地からお客が来て儲かっている」というタイプのお話を想定していました。

ところが取材依頼のお電話を入れたところ、「実はね、インスタで話題になってからお客さんの層が変わってしまって、困っているんですよ。もともとうちは取材を受けないところですし、お話できることはあまりないと思います。」とのお返事が。

プラスの側面ばかりではない「インスタ消費」。何に困っているのか生の声を是非聞かせてほしいと説明し、お話を聞くことができました。

今日の記事は、そんな具合で「インスタ消費」にまつわる様々な人・ビジネスに取材を重ねたエッセンスがぎゅっと詰まった一本です。
ナイトプールやカラーランは「インスタ映え」するイベントとして有名ですが、最近は「納涼船」なども写真映えで息を吹き返しているそうです。

インスタで人気に火がついた店舗から商品、そして、うまくインスタを活用したい企業に加え、いまやインスタ女子を集める「キャスティング会社」まで多数存在します。

インスタをめぐる「消費」の実態、その全貌を取材しました。
インスタ消費の実態がよく分かるりました。ザ・チョコレートは私も発売当初お店で見つけて即購入して、即インスタにアップしました。
「あなたはターゲットじゃないんです」ってほんとにしっかりターゲット像を考えてデザインされたんだなぁ。20代女ですがあのチョコ以外買いたくないくらい好きです。

・・しかしいいねせっかく買ったのに減っちゃうの、ちょっと面白い。
是非昨日のPickOne(下記)と併せて読んでほしい記事。『壁の羽根は、もういいのでは』。
個人的には、何か新しいことを始めるきっかけとなるのは良いことだと思うが、記事に出てきているナイトプールの事例とかは行き過ぎとも思う。あと、店舗のような物理的制限があるところで皆が大挙して押し寄せることは、持続的でないことがほとんど。むしろ、これまで長年構築してきたロイヤリティが高い層が離反するリスクもあり、宴の後には枯れ果てているかもしれない。数年後に検証したいこと…
https://newspicks.com/news/2579307
フォロワーを買ってみた超おもしろいです!!!やってみた系は本当に勉強になります。
知らない事例も多く勉強になりました。末尾の「クールじゃないよね」という言葉もその通りで、この段階にすでに結構入っていると思います。

【追記】
チョコレートの「あなたはターゲットじゃない」話は、コンビニでの棚映えであのパッケージになったと記憶しています(おはよう日本だったかで特集されていました)。結果としてインスタ映え、そしてロゴを元にした創作が流行ったのは知りませんでした。もしかしたら何か仕掛けたのかもしれませんが。
「あなたはターゲットじゃないんです」
衝撃的な言葉ですが、確かに仰る通りですね。

昔からオシャレなものに憧れる人は少なくなかったと思いますが、ファッション雑誌の中の世界で自分が発信する側にはなかなかなれなかったもの。今は自分がモデルとなって雑誌のようなオシャレな一日を発信することができる。知人や憧れの人がアップしたオシャレなものをチェックすることができる。人に潜在する競争心を上手く利用したシステムなだあと改めて思いました。
明治のストーリーが面白いですね。パッケージを経営陣に反対され、「あなたはターゲットじゃないんです」。今回はインスタの話ですが、他でも通ずる話ですよね。ターゲットになる人が一人もいない商品企画会議などなど。
Bean to Barの明治のチョコレートの話がありますが、京都のDari KやベトナムのMarouは、どちらも創業者と話すと、その背後にある熱量こそが自然とデザインや味に反映されていることが分かる。

チョコレートから見える世界観。

明治よりも前にやっていた、というか、こうしたチョコレートスタートアップの動きに大手が追随。

記事中の「あなたたちはターゲットでない」には納得。先を行くチョコレートスタートアップたちの商品をみて、突き動かされた人たちが「これこそ、うちみたいな大手メーカーがやらないと」と思い、それが結果的にインスタ映えにつながったのかなと勝手に想像。

ちなみにシンガポールのインフルエンサーを何人かフォローしていますが、毎回、うまい写真とるなぁと感心。
フォロワーを買ってウソで塗り固めたり、使ったこともない商品を勧めたりするインフルエンサーは、「クールじゃないよね」と評価を失っていくに違いない

最後のこの一文が大切。信用と信頼があるSNSに。
この連載について
食事から旅行、ファッション、そして日常生活まで。人々の消費スタイルを大きく変えつつある写真シェアプラットフォーム「インスタグラム」。なぜインスタは世界を席巻しているのか。その知られざる威力と、インスタをめぐるエコシステムの全貌を解明していく。