新着Pick
Bloomberg Businessweek

この記事は有料会員限定の記事となります。

155Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
すべてのビジネスは、今後、教会化への流れに入ります。

AIが進めば進むほど、そして、自由な働き方改革が進めば進むほど、コミュニティ意識を作りきれない会社は、結局、バラバラになってしまうからですね。だから共同体意識を強めることが必要なのですね。

このトレンドを、「宗教経済」という言葉で紹介してきました。

フェイスブックは、それを成し遂げつつあるわけで、このスタンスは批判するのではなく、むしろ、そういう世界になっていることを自覚し、「自社は顧客にとって、社員にとっての、教会になりえているのか?」という問いについて、リーダーは考える時にはいっていると、私は考えます。
後に書籍出版されるのでは、そう思わせるくらい滅多に出回らないレベルのザックの素顔と迫真にせまる後半のインタビューは圧巻です。

彼及びフェイスブック社の一連の言動が、ピュアにビジネス的なモチベーションから来ているのか、あるいは政治的な野心を企図したものなのか、常に議論を呼びますが、その理由は20億人という国家をも超越したコミュニティであるという事業性質からであり、またロシア介入問題で揺れている通り世界のPR・コミュニケーション手段をグーグルとともに寡占している巨人としての圧倒プレゼンスによります。

それは当然ですがむしろ私は、その全てを決める神のごとき(ここに記載の通り議決権の過半数を有する)者が、30歳そこそこの若者で自分の記憶では昨日まで人をおちょくってばかりのヤンチャな大学ドロップアウトの20代だった男である事であり、しかしそれが今や下手な政治家より言動がコレクトで、習近平にもトランプにも互角に対峙するほどの人間になるという事に、毎回感慨を禁じえません。
”選ばれし人間”の懊悩が伝わってくるコメントです。

「私はベッドに入ってから、果たして自分はその日、正しい判断を下したのだろうかと考え込んでしまう夜もあります」
>彼はフェイスブックについて、「私たちは今、とても特別な立場にあり、それを利用して社会のためになることを最大限にやりたい」と語った。

>フェイスブックは教会にでもなるつもりなのかとざわついた。

自分がフェースブックが好きになれない理由はまさにこういうところ。20億人が使うプラットフォームであっても、サービス設計から見え隠れする価値観はとても一方的で一元的に感じる。カリフォルニアやワシントンやボストンやニューヨーク的なうえめせサービスを借り物で使ってますという感じが抜けない地域の人々も多いのでは。神はいらないので、ただの便利なコミュニケーションプラットフォームでいてほしい。
日本に帰国の飛行機の中でみた「ザ・サークル」(日本では11月に公開だそうです)は大きくなりすぎたSNSの会社が、人々のあらゆるデータを抑え、監視、暴走するという現代に警笛を鳴らすような映画だったので、タイムリーな話題でした。

アメリカで生活していると、日本以上にAmazonが手放せないような感覚になってきていて、Facebook、AmazonやGoogleなど各ITジャイアントはもう潰せない領域に入ってきているように感じます。もはや小国のGDPよりも大きな売上を誇り、国境の意味を薄くさせているようなグローバルでの事業展開、一般人には理解できない領域ですね。
マークは僕たちミレニアル世代のアイコンだと思う。「企業と公共の利益は合致する」というのは彼だけの挑戦ではなく、僕たち世代の信念ではないだろうか。
ザッカーバーグは、真摯に向き合おうとしているように見える。すべてが一気に解決しなくとも。
被災事業者の商品開発、販路拡大、人材確保などの場面で、国内大手企業はCSVの名の下に大いに貢献してくださいました。東日本大震災は、企業が本業をこえて社会貢献ができることを示唆しました。
同時に、企業も、自社と公共の利益の関係について、悩み続けています。
ザッカーバーグがfacebookの経営を通じて、どんな答えを出していくのか、大変関心があります。
この連載について
ユーザー数急拡大。業績絶好調。順風満帆に見えるフェイスブック。しかし、世界では、政治家、国家、ライバル企業によるフェイスブック包囲網も生まれつつある。フェイスブックの新たな戦いに迫る。
Facebook(フェイスブック)は、Facebook, Inc.が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。「FB」と略されることもある。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
59.1 兆円

業績