新着Pick
280Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「エクサスケールの衝撃」で提唱したプレシンギュラリティのぶっ飛んだ世界観の一方で、齊藤さんが、地道に絶えず半導体開発を20年以上も続けてきた成果が出てきているのは、すごく興味深かったです。

しかも、その中では、破綻したエルピーダメモリのDRAM技術者たちの、最先端の研究がふんだんに活かされているのも嬉しい話ですし、TSMCの最先端プロセスの枠を押さえている話も興味深かったです。

スパコンの競争も、米中の巨大な資本が投下される中で、齊藤氏の野望が花を開いてくるのか、目が離せません。
表面的な競争優位性を築こうと、安易にソフトorハードどちらかに特化する発想は危険。エコシステムを形成する考え方をもつこと、ビジネスモデルに落とし込むことの大切さを再確認できました。

>やはり数年単位かかるハードと、ソフトの開発はバランスよくやらなければならない
”エルピーダで、最先端の技術開発を担っていたCTOらが、ペジーグループに参画したことで、一気に半導体開発が前進した”
”マイニング)」のためのチップを、生産する”
非常に面白いインタビューですね。

ここ2年ぐらいでソフトからハードに進出する企業が非常に増えており、次世代の覇権争いではある程度の垂直統合であることの強さが重要な時代に入っている。
そういう意味ではハードよりもソフトの方がネットワーク効果で寡占化し易いので、そちらを押さえてる企業はやはり強い。
PEZYの顧問である山口敬之氏との関係についても知りたい。
面白い!
この連載について
半導体が「新時代」に突入しようとしている。日本では、東芝の半導体メモリの売却ばかりが取りざたされるが、世界では今、コンピューティングの世界を揺るがす半導体の地殻変動が起きている。AI、IoTを時代を迎える中で、半導体の世界はどこへいくのか。その最前線をリポートする。
NVIDIA Corporation(エヌビディアコーポレーション)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発し販売する。 ウィキペディア
時価総額
14.0 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア