新着Pick
6Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
希望の党の人気が落ちたから、擁護しようという天邪鬼ではないのですが、日本を変えるチャンスであることは確かでした。個人的には、アベノミクスの柱;金融の異次元緩和は間違いでないと考えています。そして次のステップに移行することがとても大事だとも感じています。今の安倍政権を見ている限り、経済政策は票取りのためであり、民進党の政策を横取りしてでも、政権を維持しようとする様は、今後継続して期待するには無理がありました。そこで、政策の継続性と(次の)改革を示唆した小池氏の勢力には一定の期待を寄せました。

しかし、残念だったのはその後です。本稿にもありますが、新政権を誕生させる前に、政権の継続性を心配した同氏には、慢心があったと言わざるを得ません。徹底した情報公開としがらみのない政治を唱えながら、「ブラックボックス」と言われる党運営やその意思決定、さらに「しがらみ」どころか、根拠(財源や方法論)もない政治を予感させる公約。ふと気づけば、民進党からの移行組に支えられて、民主党政権の悪夢を再来させるのではと心配されられました。構想は大事です。スローガンも必要です。ただ、欠けていたのは、謙虚さをもって仲間を募ってから彼らを導くことだったのかもしれません。残念ですね。