新着Pick
1222Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
大久保さんには前職のアエラ時代から何度も取材でも個人的にも会い、ツカラボも見学させてもらいました。
マネジメントに悩んでいる時に、塚田農場のアルバイトや若手社員がなぜこれだけ生き生き働いているのか、知りたかったからです。
最大のポイントは「裁量」。学生バイトだろうが若手社員だろうが、裁量を与え、同時に責任を持たせ、結果が出たらちゃんと評価する。ある意味厳しいです。でもそういう環境を作ることで、どんな若手でも、工夫して結果を出そうとする。モチベーションが高く、仕事を自分ごととして考えるようになる。
その仕組みを作った情熱の人。私よりうんと若いですが、何を尋ねても、間髪入れずに返ってくる明快さと自信が印象的な人です。
これは素晴らしい!!

アルバイト学生の就職支援をするとは、本当に学生たちの事を考えていますねー。
こうやって、就活のときにお世話になった塚田農場。
社会人になっても利用しようと思うから、win-winな関係が継続しそうです。

他の企業が本気で見習うべき方針だと思います。
「塚田農場」の仕組みは面白いですね。特に学生アルバイトに対する“他社への就活支援”というのはすごい。こういう活動は初めて見ました。これは人材難に苦しむ色んな企業が参考にしたらいいと思いました。
学生時代、厳しくて有名なある部活に仮入部し、いよいよ正式に入部する日の前日に、担当者から「明日から入部ですが、入ったらあなたの意志では辞められないのでそのつもりで」と言われ、あわててその場で辞めました(笑)

そんな話じゃなくてよかった。
アルバイトの就職支援をすることで人手不足を解消する、やる気も起こさせ定着率が高い。客になって現場を見たい、と思わせるよくまとめられた記事ですね。
やはりこれからの企業の成長の鍵は人材育成。アルバイトであっても正社員であっても同じこと。代替が効くもの、補充可能なものとして扱う企業は、どんな大企業でも、先は辛いのではないだろうか? 人口ボーナス期の昭和の亡霊を払拭しないと勝てないのですね。

そしてまずは社員の時間というものの有限性にも、着目してほしい。大事な時間を預かっているという意識を持ってほしいです。
アルバイトを次世代の人材育成、スタートアップ支援に結びつけられたらいいよね
価値提供先は周りのすべての人という意識は大切にしたい。人は常に傲慢になりやすい。
学生アルバイトの他社就活支援とは、大局的。
塚田農場(つかだのうじょう)は『日南市じとっこ組合』などを展開する株式会社エー・ピーカンパニーが運営する地鶏居酒屋チェーン。主に首都圏と関西地方で展開している。 ウィキペディア
時価総額
66.5 億円

業績