新着Pick
69Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均株価は8営業日続伸、TOPIXは4営業日続伸。東証1部騰落銘柄数は値上がり1,130/値下がり804と買い優勢。業種別では上昇19業種/下落14業種。その他金融業、サービス業、情報・通信業が高く、石油石炭製品、鉱業、保険業が安い。東証1部売買高は15.3億株。東証1部売買代金は2.5兆円と4営業日連続で2兆円超。

為替、ドル円は円買い優勢。朝方112.5円付近から円が買われ、午前中は112.4円付近の小幅なレンジでもみ合い。午後はさらに円が買われ、15:30時点では112.22円。

日経平均は寄り付き20,958.18円、前日比+76.91円。前場寄り直後上下に揺さぶられた後、上げ幅を縮小し、日中安値20,917.04円(10:07)。その後、後場寄りしばらくまでは上げ幅を拡大、21,000円に迫る日中高値20,994.40円(12:42)。以降は大引けにかけてもみ合いつつもやや値を落とし、終値は20,954.72円、前日比+73.45円。ザラ場ベースでは4営業日連続、終値ベースでは8営業日連続で年初来高値更新。
チャート「捨て子線」で、東証一部の騰落レシオ(25日移動平均)も137.54と5/30来の高水準に急上昇。明日SQ後に調整入りそう。
取り急ぎ。
TOPIXは+0.08%。
規模別に見てみると、
大型+0.11%
中型+0.30%
小型+0.37%
業種別で目立ったところでは、
その他金融+1.24%、サービス+1.16%、情報・通信+1.14%、陸運+0.94%、機械+0.87%など19業種が上昇。
石油・石炭製品▲1.33%、鉱業▲1.11%、保険▲1.11%、非鉄金属▲1.06%、銀行▲0.81%など14業種が下落となりました。
行動ファイナンスの「現状維持バイアス」が働いています。現状維持の有利性は「代替案の数が増えるにつれて増大する」とされるため、希望・立憲民主などの野党分裂が与党に明らかに有利に働いています。
明日はSQか。注文一杯出しとこ