新着Pick
233Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは必聴だと思う。私の父は数年前に亡くなりました。そもそも病院には3ヶ月以上入院することが難しい。診療報酬が3分の2へと激減し、経営上望ましくないから。転院すら難しい場合があります。

父は母と栃木県の実家で2人暮らし。あの状態の父が退院して母が一人で面倒をみるのは、正直あり得ない。幸い、私の兄が富山県で医師をしており、栃木県から兄が搬送車に同行して、勤務先の病院に転院。

当時、兄が勤めていた病院は終末期医療に力を入れていたことと、医療報酬が下がることよりも、最期を看取ることの重要性を理解している医師が多く、長期入院が可能でした(兄が勤務している、という要素も十分にあったとでしょう)

父は意識はあっても、寝たきりでまともには話せない状態が続き、こちらから話しかけて何かは言っているけど分からない、でも何かを言っているという状態。

父が息を引き取ったという連絡があったとき、私は富山に向かいました。その夜、私は何も話さなくなった父と二人だけで一晩を過ごしました。葬儀場の一室で夜はとても静まりかえっていました。葬儀場の社員の方が24時間常駐とのことでしたが、私と遺体となった父以外には、人の気配がほとんど感じられませんでした。幼少期からの思い出を久しぶりに思い出し、遺体となった父に話しかけました。

父はどこで死にたかったのか。そうした会話もできませんでしたし、仮に栃木の自宅、と言われた場合、母が多大な負担をするか、姉・兄・私の誰かが仕事を長期休暇するか、辞職して帰ってこなければ不可能だったでしょう。地域も高齢化。かつては、小さいながらも活気のある商店街でしたが、私が成人した頃からは店が減り、わずか数店舗を残すのみ。サラリーマン家庭の方も、不便になり引っ越していきました。

そうした状態の地域でも、地元民や行政が主導で面倒をみるというのが、本当にできるのかどうか。

小学生のとき、祖母は病院で亡くなりましたが、自宅近くの病院で5分もあれば顔を見にいけました。しかも、祖母の時代から続いていた商売の取引もあり、医師や看護師、売店のおばちゃんまでが顔見知り。商店街や近所の方も、見舞いに来てくれました。

そうした地域社会が大きく変化し、今後はさらに変化する。本当にどうするんだろうか、と深く、深く考えさせられます。
わたしは死ぬまで働きます。いいかえれば働きながら死ぬので「死に場所」はわかりません。

しかし。満員電車の中で死んだりしたらはた迷惑ですよねえ?なるべく気をつけます*(^o^)/*←でもどうやって?(ゝω・)テヘペロ
今日のJ−WA​​​​VE「PICK ONE」の生放送で、「サッシャさんはどこで最期を迎えたいですか」と、臆面もなく聞いてしまいました。
亡くなる方が増える「多死化社会」が2042年まで続くと推計される中で、自分の最期と向き合う習慣は大事だと思っています。戦後間も無くは自宅で亡くなられる方が8割以上いましたが、いまでは病院で最期を迎える方が7割以上。けれども本人が病院での最期を希望しているわけではないケースが多くあって、ミスマッチが起きています。
物理的に病院の数を増やすことも限りがあり、自宅での最期を可能とする体制づくりが必要です。そのためには、意識の高い医師の存在や行政の旗振りも大事ですが、まずは一人一人の意識づけが大事だと思っていまして、冒頭の質問をさせていただきました。
日本はいずれ早かれ遅かれ、横須賀のように病院ではなく在宅で最後を迎える形にシフトする。そのためのインフラ整備は急務。
例えば、介護職への看取り介護加算および実務研修の整備、看護師の訪問看護への移職、警察の現地での死亡確認および死亡届が増えることを見越して担当職を育成するなど、人材育成だけみても行うべきことは、かなりある。
これはぜひ聴いてほしいですね。「どこで死にたいか?」というのは、とても大事な問いだと思います。

在宅死亡率は、2016年に初めて厚労省から市区町村別の数字が公表されました。注目したいのは、同じ人口規模で、率が5、6倍違うことです。

一概に、病院で死ぬことが悪い、とは言えません。ただ、吉田さんがお話されている横須賀市の取り組みから、医療、家族、コミュニティなどについて様々な課題が見えてきます。

<追記>寺岡さんのコメントに共感します。
”どうやって死にたいかはどうやって生きたいかと同質の問いのような気がします。”
多くの方が自宅で最後のときを迎えたいという意見をお持ちのようで、まあそうだろうなという気がします。
ただ、病院でなくなることが不幸なことという決め付けはよくないと思います。私自身は、死ぬ場所にはあまりこだわりはありません。
コストのことを考えるのも重要で、周りの人に迷惑をかけないという意味で、終末期の高額医療を拒否した上で、病院で亡くなるというのもありかなと。
まあ、これからは多死社会ですから、病院が足りずに、いやおうなく病院から追い出されてしまうのかもしれませんが。。。

いろいろな考えがあるでしょうから、選択肢を提供することが重要だと思います。
既に死んだ人であるかのように生きていたいですね
リングで死にたいって言いたいところですが、現実的に考えたら迷惑がかかるのでリングでは死ねません。

僕は死ぬ場所は病院でも家でもいいから自分で死にたい。安楽死希望です。
願わくば土星の空で死にたい。僕はこれを土葬と呼んでいる。ちなみに火葬は火星の空ね。
畳の上。
あるいは、死んだことがわからないくらいの『日常生活を送りながらの突然死』。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア