新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

279Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日から、人工の流れ星をビジネスにするという挑戦を行なっているALEの岡島社長と、楠木先生の対談連載が始まります。

宇宙ビジネスやベンチャーというと、とかくロケットや衛星の技術開発の話に偏りますが、なんと岡島さんのビジネスは、宇宙技術を使って、エンタメビジネス、お祭り文化を作るという画期的なビジネスモデルです。

東大理学部の天文学の博士と、ゴールドマンサックスでの経験が生かされています。

地上から誰もが楽しめる宇宙ビジネスというワクワクするお話が、5回に渡って展開されます。どうぞお楽しみください。
うちのロケットで打ち上げたい!
ALEの岡島礼奈さん、初めてお会いしたのが、
2009年の金融クラスタのTwitterオフ会でした。

お互い、まだ前職でしたが、私の創業後、
事業のお手伝いをしていただいたり、
赤坂のオフィスにお邪魔したりしました。

心から応援したいビジネスです。
成功を祈念しています。
記事中で取り上げていただき、ありがとうございます。

「楠木 以前、NewsPicksの連載で、GROOVE Xという会社に注目したのですが、ご存じですか?
岡島 林要さんがやっている人型ロボットの会社ですね。」

弊社のロボットは人型ロボットではないんです。
「話さない、人型ではない、仕事もしない」というもので、これは存在としては仏様のようなもののようだという事は、大仏師の松本明慶先生との対談で、私自身も最近、確認ができました。

http://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2017-10-21/31/20649/2037162/
人工流れ星とはロマンティック。天文学がバックグラウンドにあるとのこと。連載楽しみにしています。
チェリャビンスクの災害がたった直径10メートルの隕石で起きたなら、もっと大きなのだったら人類がやばいね🤔

エンタメと科学が一番近いのが、3DCGだと思う😳💨
イノベーションの定義が分かりやすい。
今回のインタビューもそうであるが、イノベーションは自身の専門性からふと何か思うことで生まれる傾向にあるということだろうか。
役に立つわけじゃないけど、人をワクワクさせる。人工流れ星を早く見たい!
流れ星をエンターテイメントにするたてつけは聞けば聞くほど秀逸です。
オリンピックの開会式に流れるのを楽しみにしてます!
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。

業績

東京急行電鉄株式会社(とうきょうきゅうこうでんてつ、英語: TOKYU CORPORATION)は、東京都南西部から神奈川県東部に路線を展開して鉄軌道事業などを行う日本の会社である。略称は東急(とうきゅう)。 ウィキペディア
時価総額
1.03 兆円

業績