新着Pick
1283Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
通勤から解放されて一年半ほど経ちますが、通勤のありがたみも感じています。

東京都心の異常な満員電車はデメリットが大きいと思いますが、やはり体を動かす、運動する効果と、自由に考え事をする、読書や自己啓発をするにはとても貴重な時間だと思います。適度な距離で満員電車はさけて通勤できれば理想的ですね。

とはいえ、通勤時間を子供達とのふれあいの時間にあてられるのはとてもありがたいこと。体を動かすように改善していきたいと思います。(週末習っているテニスに平日も通うようにしてましたが、なかなか続かない。。)
東京ではコスト的に都会に住むというのが無理というのもあるが、文化的に都会に住むのが嫌というのもあるとおもう。生産性だけを考えると通勤時間は本当に無駄だと思う。現在、リモーをワークをしている身としてもそれは実感できる。
問題は、在宅勤務でバリューだせる人って実際には限られているという現実。
以前にもコメントしましたが、自分は自転車通勤推進派です!

国として健康経営を推進していることを踏まえると、自転車通勤を推奨→自転車の交通インフラを設計は本気で検討しても良いのではと考えています。

コペンハーゲンあたりがベンチマーク都市になり得るのではないでしょうか?

参考:通勤を快適にする、港の上の自転車専用道路:コペンハーゲン
http://wired.jp/2014/08/17/copenhagens-new-bike-skyway/

制度面でも自転車通勤を優遇しており、これくらいのグランドデザインが必要だと思います。
▼税優遇措置
・通勤時に自転車を利用すると所得税の申告時に控除がうけられる制度をつくる※控除額は走行距離に応じて大きくする
・企業は車内に駐輪場を設置すると税優遇措置を受けることができる
リモートワークができる時代ですね。別に時間通り出社しないとできない仕事なんてそんなにないと思います。
無駄な会議や会合も減らした方が生産性向上には良いですしね。
ずっと前からそう言ってます。
電車の中で出来ることは、家でも出来る。
通勤時間は自由時間ではないというのが持論です。 電車の中で出来る自由なこと<家で出来る自由なこと、です。

通勤電車の中に家族との会話や子供の笑顔はないですしね。
個人の時間を奪っているけど、会社のコストは定期代くらい。社員が疲弊する満員電車は課題だけど、ゆったりした通勤で何かできればプラスかもしれない。会社はフレックスを広げることは生産性の面からも必要かとは思う
通勤電車に乗らずに済むようになって半年経ちます。片道1時間近くの満員電車は正直きつかったので、疲労感という意味では大分助かっているのですが、どうしても運動不足になりますね。それに、自宅で仕事するというのは、24時間、職場に居るということなので、放っておくとオーバーワークになります。意識して休むようにしないといけないのですが、なかなかそうもいかなくて、試行錯誤中です。
無いとは言わないが、本質では無い。
こんな事で生産性をごまかしては
いけない。