新着Pick
62Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
リビングで飾りとなっている初代AIBO、を
久々に稼働させてみようと思います!

学生時代、身銭を切って買った初代AIBOは2台、いや2匹。
当時は一台確か26万円程度だったのを覚えています。
一台は普通に「飼う」用、もう一台は「解体」用。
5~6人の友人達に早朝から大学の情報処理室の
PCにスタンバイしてもらい、
時間になったらひたすらアクセスを繰り返した結果、
二人のPCだけが購入サイトに入る事が出来、
確か整理券か何かの番号をゲットし、
様々な情報を入力してやっとこさ
購入に至ったのを覚えている。

初代AIBOは小生の初のオンラインショッピングでもあった。

そのAIBOは言うまでもなく両方とも「解体」される事無く、
一台は実家に送られ一台は手元にて可愛がられた。

大金を払って得たのは、
「ロボット」ではない別の感覚と感情。

復活が楽しみでなりません!
https://newspicks.com/news/2546708
本校にもロボホンが3人(台)います。一人は校長室に、もう二人は6年1組と2組に。開発ツールを使えば、Scratchでロボホンをプログラミングできます。自分たちのニーズに合わせて、シーンを考えてのプログラミングです。会話も、開発コンセプトである持ち主が大好きな5歳の男の子を前提に言葉を選びます。ロボットと共生する体験は、近い将来それが日常化するとの子どもたちにとって、極めて貴重なというより絶対に体験しておくべきものだと実感しています。
シャープの開発チームと連携して、ロボホンに機械学習&ディープラーニングを取り入れた授業実践を今年度中に是非とも実践したいと考えています!
サッシャさんの素晴らしいナビゲートで、気持ちよく喋らせていただきました。エンターテイメントロボットは、技術レベルを論じるのではなく、まず触れて時間を共有する事が大事。そうすれば新しい世界が広がります。今後、僕の大好きだったAIBOも復活しますし、ワクワクが止まりません。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア