新着Pick
81Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いちばんリベラルとして仕事をしているのは公明党な気がしてきた。したたかに政権に潜り込んで、自民党が右に行き過ぎるのに歯止めをかけている。

とはいえ、特定の宗教を支持母体とした政党に投票する気はないが・・・。
ここには書ききれない公約が各党ともたくさんあります。

たとえば、希望の党は「大企業の内部留保に課税」という案。ただ、以下で指摘されている通り、かなりポピュリズムな政策と言えそうです。
https://www.houdoukyoku.jp/posts/19522

ぜひ討論会などで各党が何を発言するか追いかけて欲しいです。
希望の党は、
・政権選択選挙であれば首班指名への対応方針はどうなのか
・しがらみのない政治、情報開示、利権の撲滅等と掲げるが、情報公開法や企業献金廃止等のほか、具体策は何か。
・消費税増税凍結の場合、自民党が提唱する「増税してその半分を子育て支援に充てる」ことで出てくる約2.5兆円の税収との差額をどうやって埋めるのか
・財政再建について、PBと政府債務残高をどうやって改善するのか
・規制緩和→民間活力の活用による潜在成長率の改善の具体策は何か。それによって国民の生活はどのように改善するか。
・内部留保を還流させる際に、課税を唯一の方法と考えているのか
・BI導入については「将来目標」とするとしても、その場合国税庁と社保庁の統合を含め、どこまでの規模を考えているのか、実証実験はやるのか
・原発ゼロという場合にベースロード電源の問題を省エネも含めてどのように解決するのか
・憲法9条から逃げないと言う場合、9条3項加憲という安倍首相の方針とどのように違うのか

自民党には、
・森友・加計問題について丁寧に説明すると言いながら、そのために野党が要求した臨時国会冒頭で解散した理由、解散の大義は何か
・森友・加計問題で疑念を持たれた利益相反問題についてどう考えるのか
・利権の排除のため、他党が企業献金禁止を掲げるが、どう対応するのか
・PB黒字化目標を先延ばししても、財政再建の旗は降ろさないとしているが、具体的にいつまでにどうやってPB黒字化を達成するのか
・アベノミクスの成果を誇るものの労働者の給料の伸びがゼロパーセント台と低迷し、一般国民に景気改善の実感がない状況をどう改善するのか
・異次元緩和で日銀が国債のほとんどを買っていることや、株式やREITを買い上げているやや異常な状況から、いつどうやってEXITするのか
・安保法制、自民党が合憲と言いながら、9条3行を加憲するのは屋上屋ではないのか、3項と整合しない9条2項はどうするのか
・使用済み核燃料の廃棄問題があり、テロや災害が懸念される原発政策の将来像、安全対策はどう考えているのか
・北朝鮮に圧力をかけると言うが、好戦的な発言でなく対話に重点を置くべきではないのか

などに対して、明快に答えられるようであるといいなと思います。もちろん、他にも様々な論点がありますが。
政党代表のマンガに惹かれました(笑)。政治家をバカにするのは、どの国でも常態化していることですが、今日の日本では、議論上手の「優秀な」方が増えています。国民の真剣な期待が、良い政治家を育てるのだと思います。

さて、政権与党のアベノミクスに、私は一定の評価をしています。モリカケ問題はあまりにもくだらないので、それで安倍・自民党の評価を下げることはしていません。こんなことに一喜一憂しているほど、日本は「牧歌」的な状況にないからです。同党の、原子力への現実的な対応にも賛成できます。日米同盟と同じく、それらは簡単に変更できるものではないからです。

希望の党には、そのポスト・安倍政権の政策進化版として期待しています。特に、安倍政権でまったく進まなかった規制改革の急加速を求めたいです。原発ゼロとありますが、原発技術の進化について排除していないのはGoodです。しかし、その他現実離れした政策が含まれている点には、民主党政権時の二の舞いが心配されます。

私が一番期待している維新は、政策がまともなのに、橋下時代の政争好きが災いしていました。希望の党との連携で、政権に影響を与える存在になってほしいものです。地方分権でかつ、地方に求心力のある都市を育てるという道州制が、中長期的には最重要課題です(待ったなしなのは少子化問題)。

その他の政党は、離合集散して、早く大きなまとまりになってほしいです。少数政党政治は、政治のムダを増すだけです。政策集約は、各政党内で調整し、国会では互いに影響力を与えあう大政党が、切磋琢磨する。それが一番健全な姿です。