新着Pick
83Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
現場の医師にとってはよいことなんですが、これ認めると医療崩壊一直線な気がします。

過去の分を置いといても、これまでサービス残業だった当直の賃金をまともに払うとしたら、資金が足りるとは思えません。

これまで現場の善意(というか弱み)につけ込んできたツケを払うことになるのでしょうか。

弱み:おまえが頑張らないと、目の前の人が死んじゃうから、文句言わずに働け、という圧力を指しています。

なお、対策としては、病院集約化による効率化、医療費の個人負担のアップ、国民の病院利用方法の啓蒙、医師の給与ダウンと考えています。
病院も無い袖は振れないのでしょう。
下手に借金しても、雪ダルマになって転がり落ちていくだけです。

もう、医師の給料をバッサリ削るしかありません。
今まで理工系に比べ医師の給料が高すぎたので、本来、理工系に行くべき人材が医師になってしまっています。そこが調整されるのであれば、いいのではないかと考えます。(同僚からは袋叩きにあいますが)

ただ、医療の中でも、小児医療という未来の立役者を守る分野は配慮が欲しいです。
時効がなければ、どれくらいの額になっていたのか。残業代については時効をなくして行く必要があるように感じる。
残業代全員に払い始めたら、明日にでも医療崩壊しますよ。ないものは払えませんから、患者を断るしかない。
雇用契約を順守することは法治国家にあって当然。守れない契約は変更すべきです。そもそも経営が成り立っていない病院で人の命のやり取りができるでしょうか。平均すると一人一月4万円強。看護師にとって少なくない金額です。モーティベーションの低下は人命に関わります。
医師も看護師や看護師は足りないからって、国家試験の合格点を下げりゃいいってもんじゃない。子供は減る一方だから、外国からの受け入れは自然な流れなのかも。