新着Pick
159Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アドテックで行ったキーノート講演を、ビジネス+ITが記事化してくれています。タイトルはびっくりですがw、デジタルプロモーションやコンテンツマーケティングの基礎理論に関してお話した内容が良く纏まっています。

本日のNewsPicksのイベントでも川添ゾエくんたちとお話させていただくので、そちらもぜひお願いします。

<追記>
ヤフーニュースに掲載されたようです
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171006-00033943-biz_plus-bus_all
マスマーケティングは、方法論が確立したので大きな会社ができてますが、ソーシャルマーケティングは、メディアの変遷が激しく、流れが速すぎてカオスな状況が続いているが故に、方法論が確立していません。
そこで出てくるのは、風向きを肌で感じるアート気質な職人肌。ナカヤマン。はそんな人だと理解しています。

まぁ、リアルナカヤマン。はリアルに会って話しても、1%ぐらいある真面目な時は、記事にあるとおり難解な言葉を発するのですが、写真をご覧になってわかる通り、存在自体が現代アートみたいな人ですから、仕事論は理解しようとしても、その本質はよくわからなかったりする、というのが私の正直な感想です。

ちなみにナカヤマン。の名前には「。」が入るので、文章中に名前を入れると変なところに「。」が入る事で、読みにくくなるわけです。結果として名前が入るだけで場が乱され、既に存在感が出るって、面白いですね。
読み応えのある記事、オススメです。
あとで移動中にもう一度読もう。

ナカヤマン。の良いところは、バッサリ切り捨てる中にも、愛のある優しさを持つところ。逆に厳しいのは、どんなに化粧してカッコいい意見にしても、本質見抜いて誰だろうとバッサリ切るところ。

文中にある「僕は興味ないです…」というナカヤマン。の言葉からもそれが感じられます。
まさにインフルエンサー云々ではなく、コンテンツの本質や、ビジネス戦略の本質が語られています!特に下記のコメントは、ECのサービス設計にも通ずると思いました。
ECで言えば、”理想の未来”を叶えているのはAmazonとほんの一部の企業のみ。全く未来に進んでいない業界もあります。私自身がECでやっていることも「不完全性の解消」なのかもしれないと感じました。

※以下、抜粋
つまり、現在は“不完全な未来”と言えます。現在は、過去に想像し得たベストな状態には構築されていません。2010年まで、たった7年さかのぼるだけでも説明がつくのです。逆に言えば、理想の未来と現実の差分を埋めれば、”理想の未来”は独占できる。時間を巻き戻して、それを実現するのが企画であるべきです。
ナカヤマン。氏は過去の数々の成功事例に共通する企画コンセプトがその「不完全性の解消」だと語る。
いいねいいね。ナカヤマン。は事象を構造化するのがうまいから、面白い。2枚目の写真のどやっぷりは必見ですよ皆さん。

って、ナカヤマン。がNewsPicksやってるっていうことがビックリで、ちょう久しぶりに打ってみた。
ルイ・ヴィトンやシャネルのインタラクティブ・インスタレーションも担ったクリエイター「ナカヤマン。」さんの講演まとめ。これはすごく刺激的!!一言で云うと"Single, Powerful Content for Multiple Channel"というコンセプトに凝縮されるんですが、GU Timelineの実例など具体的で勉強になります。「こんなに裏側見せていいの?」と思いましたが、記事内でも言われている通り、理屈では分かっていても成功事例はパクれないということなんでしょうね。

今日のファッションピッカー交流会でお話できるのが楽しみです!!
ナカヤマン。の講演記事。
流行っているからとか表面の数字でやるのではない、本質的なマーケティングが語られています。

1「深さ」を手放した現代、広告は文化であるべきか
2インフルエンサーに興味はない、“木を見て森を見ず”になるから
3現在は“不完全な未来”、逆に言えば”理想の未来”は独占できる
4実利を生み出す、視聴率の取れるスキームとは?
5理屈では分かっていても、成功事例がパクれないワケ

それにしても金屏風をバックに語るナカヤマン。の写真、面白すぎるな~
#京都つながり
「企画というものは、曖昧なままにしている部分があると結果が出ないものです。曖昧さは、企画時点では都合の良い解釈をされ、実施時点では失敗の原因となります。その曖昧さをなくすコツは便利な単語を使わないこと。例えば『メディア』という単語。当社ではチャネルとコンテンツというワードで統一しています」(ナカヤマン。氏)

 具体的にはどういうことか。コンテンツとチャネルの関係性を説明するために、芸人の“ネタ”と“披露する場”に例えて説明がなされた。

「ボケて、突っ込む。この一連の流れがネタ、つまり”コンテンツ”です。昔は、演芸場で芸人さんがネタを披露するのが普通でした。時代が進んでテレビが登場すると、より多くの視聴者に届くテレビが主戦場になります。この演芸場やテレビが”チャネル”です。
B2Cはインフルエンサーも下火になりつつありますが、B2Bはだいぶ浸透し始めてきているので、B2Bのインフルエンサーマーケティングは興味を持った方がいいかもしれません。
ワコール (Wacoal) は、京都市に本拠を置く、日本の衣料品メーカーである。事業の中心は、女性用下着販売。 ウィキペディア
時価総額
2,283 億円

業績