新着Pick
235Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
スポーツをしてると30歳を前くらいに年齢を感じ始めます。
体力が落ちる=後退ではないです。体力が落ちても技術は上がる。
老いを受け入れることから始まる気がしています。
40年来の知り合いである75歳の友人女性と近々旅をします。
旅の内容をどう組み立てるか、老人差別になっていないか、など色々考えてしまうが。
30年後の自分をイメージするいい機会になる気がする。

ちなみに日本のシニアも元気だが、外国のシニアはAirbnbも活用するしもっとアクティブです。
自分の場合は年々冷え性というか寒がりが進行していて、少しでも「寒いな」と感じるところに一時間くらい身を置くとその後1週間くらい背中に寒気を感じ続けます。ですので、とにかく体を冷やさないことに全力を捧げています。飛行機のエコノミークラスの中では、マミー型の寝袋に入っているので、かなり怪しい目で見られます。
新コーナー「スマート・ライフ」の新連載「HEALTH TIPS」、週末の2本目は「年を感じたときの心構え」です。「老化=人生の質の低下」ではありません!
世界共通の話題なのだなと思いました。「年下の友人を持つ」ことの効用、あると思います。娘(幼児)のお友達の祖父母は、地元で子ども支援の活動をしていて、いつ会っても楽しそう。土曜日のみ出現する駄菓子屋さんでお好み焼きを焼くおばあちゃん、子どもの冒険遊び場を作るおじいちゃん。現役世代にも「こういう年の重ね方がある」という良いモデルになっています
え?38歳で「老いと戦う」と。

・・ワイの場合はもはや手遅れですやん。「戦いすんで日が暮れて」ですわ(^o^)

あ。退役兵からのアドバイスや。髪のケアは早めにな。気付いたら手遅れになるで。
今38歳の自分にとって響く内容でした。
「カプランによると、一般的に高齢者は中年層と比べて幸福度が高く、ストレスや不安が少ない。健康の衰えや収入の減少はあっても、「大半の高齢者が感情面でのプラスの変化を喜んでいる」という。おかげで、肯定的な物事に意識が向きやすくなるからだ。」(記事引用)

「中年の危機midlife crisis」という中年期の通過儀礼を無事終えられれば、老年期はより安定し、よりポジティブで、前向きになる可能性が高い。
over40としては、タイトルで衝撃を受けましたが、内容は至極当然でした。早めに気づけ、準備せよということですね!
ツラい。涙ぐましい努力が不可欠ということか。
この連載について
人生100年時代を生き抜くベースとなるのは「スマート・ライフ」。ビジネスパーソンがより良く、楽しく、健康的な毎日を送るための「新時代の自己啓発」を紹介する。