新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

75Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この騒動を通してポテトチップスがいかに多くの人の日常を支えるものと認識されているのかよくわかりました。
「北海道のジャガイモ産地が大打撃」というニュースは「シリアの難民が危機的状況」と同じように日常への接点を実感できず聴き手の心を動かさない。しかし「ポテトチップスが危機的状況」は日常生活に危機をもたらすと認識されるのでしょう。
結果としてポテトチップス業界は注目が集まり、こうしたプレミアム品をリリースするきっかけも作れました。
実際にポテチが食べられなくてすごく辛い思いをした、、、なんていらっしゃらないと思いますが、マスコミに象徴される「都市で暮らす私たち」は自分の些細な日常を誰かに侵害されることにとても敏感だということを肝に銘じたいと思います。

ちなみにジャガイモは品質にこだわらなければとても栽培しやすく栄養価も高い素晴らしい野菜と思います。そのDNAには人類の英知が詰まっていると思います。
そしてジャガイモ掘りは宝探しよろしく本当に盛り上がります。
今年4月に大きな衝撃を与えた「棚からポテチが消えた」ニュースにより、私達は、気候変動が企業経営や私たちの生活に大きな影響を及ぼしていることを実感させられたと思います。

カルビーは、じゃがいもの不作により、今年4月~6月期の減収額は、約57億円に上ります。
http://www.sankei.com/economy/news/170803/ecn1708030024-n1.html

また、今年7月に発生した九州北部の豪雨の影響により、熊本県の農水産被害額は、34億円と試算されています。
https://mainichi.jp/articles/20170727/ddl/k43/040/276000c

今年の「サンマ不漁」の原因は、地球温暖化などの影響により、日本近海の水温が上昇し、サンマが日本の漁場に入りづらかったことです。
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/279303.html

日本の農業は、気候変動だけではなく、後継者不足など様々な課題を抱えています。
このまま状況が改善されないと、今年4月の一時的なポテチ不足だけでは済まない状況に確実に陥ります。

これまでの営農方法を大きく変革しなければいけないときが来ているのだと思います。
私たちは、自然から得る恵み及び一次産業の重要性を認識し、大きく消費者行動を変えていく必要があると思っています。
ちょっと周りの農家さんに聞いてみましょうか。少々お待ちを。
FBで見てる皆さーん!代わりにNPにコメントするので、感想よろしくw

(追記

十勝の知人農家さんに聞いた所、やっぱり私と同じような意見でした。
ここで一番重要な問題は、天候変動リスクに対応できていないことで、人手不足の問題は買い取り価格を上げたり、自動化したりすることで解決できますよね。
しかも馬鈴薯は世界との競争が強いられているわけで、あんな広大な土地で耕作しているアメリカが、選別なんて手間をかけるわけもない。

どうやら馬鈴薯は今年は余ることになるそうで、食料は余剰が出た際に簡単に安売りセールをされたり、捨てるのに躊躇われるからと無料で配られたりするので、関係者の無責任さにより、どんどん価格下落する方向に流れがちです。

このような流れの中で最近感じることは、おそらく国は農家へ淘汰圧力をかけることができないために、大企業優遇として贔屓を始めているな……という印象です。
経団連とどんな繋がりがあるのかは知りませんが、カルビーだとかカゴメだとかを、T○Y○TAとかT○SHIBAみたいにしたいんでしょうね。
どうやらこれからの農業界は、ベンチャー支援よりも大企業優遇の方向性なんだろうなと予想しています。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
株式会社フレンテ(英語: Frente Co., Ltd.)は、スナック菓子を中心とする株式会社湖池屋・株式会社フレンテ・インターナショナルを傘下に持つ純粋持株会社。 ウィキペディア
時価総額
266 億円

業績

カルビー株式会社は、日本のスナック菓子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
5,500 億円

業績