新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
多くのメディアは勝手に盛り上げて、勝手に幻滅するw 中で関わってきた人間としては当初の予想通り順調に推移していると思います。年末から来年の頭に掛けてそこそこなできのスタンドアロンHMDが登場し、2年半後に今のViveクオリティー スタンドアロンHMDが199ドル-299ドルで発売される。このタイミングキラーコンテンツが出ると大きく跳ねる。コンテンツのクオリティーも相当上がってきているのでご期待ください!
フェイスブックがオキュラスを買収したのが3年前、失敗説も囁かれたがその後参入が相次ぎいよいよ本格テイクオフの始まりかと見られるVR、その日本第一人者である国光さんのまとめ。業界人必読でしょう。

インターネットがそうだったように今はゲームとアダルトが牽引していますが、VA/ARの本丸は産業向けでしょう。
それまでにはまだだいぶ時間がかかるでしょう。しかしゲーム、エンタメ、コンテンツでのビジネス収穫期はもう少し早いでしょう。

そのためにはここで国光さんが言われる通りHMDおよび処理端末の方でもGPUやメモリの価格面含め、全体があと一段こなれるとキャズム超えが見えそうなところまで来ています。
「VR元年」と騒がれた割には、あまり身近でVRが広まっている実感がない。それはなぜなのか?という疑問をgumiの國光氏に投げかけてきました。
PCからスマホへの移行期に乗り遅れたサービスが多数あったが、スマホからVRへの移行期がこれから来るという國光氏に、VRの現状とこれからを解説してもらいました。
VRは必ず来ます。一度でも体験したことのある人なら、その可能性が理解できるはずです。臨場感がテレビとは100倍違います。ただ、いつ来るかは今のところ不透明ですね。

コストが下がってくれば、ビジネスの遠隔会議、オンライン学習、が最もアツイ用途になると予想します。
HMDが10万円を切っていて、まだ高いと言われるフェーズにいるんだなぁ、と感慨深いです。ほんの10年前だと、桁が2つ近く違っていたのではないかと思います。
Kinectのような深度センサにしても、Wiiのようなモーションセンサにしても、ゲームで出ることで価格がグンと下がるというのが最近多く、その辺りの研究者としては嬉しい限りです。
〉VRには2つの可能性があると整理しています。
一つは次世代のエンターテインメントデバイスで、これはいわゆるゲーム機としての使われ方です。
もう一つは、次世代のネットワーキングデバイスです。VRが「スマホの次」として使われるということです。
こんなにコードいるんだ!
この連載について
テクノロジーの話題に関する特別レポート

業績

gumi は、ゲームの企画・開発・運営、及びVR領域の投資・開発などを行っている株式会社である。社長は國光宏尚。 ウィキペディア
時価総額
185 億円

業績

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
59.2 兆円

業績