新着Pick
256Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2014年当時、きつい質問をいくつも関口監督にしました。
そこで関口監督のことを批判するのも考えましたが、その背景にあるものを考えた時に、批判で終わらせてはいけないと思いました。

関口監督の勇気ある決断、そして、語り尽くしてくださったことは、野球界にとって大きなメッセージになると思います。

取材のご協力に感謝いたします。
3年前、盛岡大附属の松本投手の”異常な”投球を見たときは衝撃でした。なぜ、こんな状態の高校生を投げさせるのか。松本投手は今季ソフトバンクで好投を見せていますが、未来が潰れなくて本当に良かった。日本の野球界、スポーツ界には過度に勝利至上主義がはびこりますが、選手の将来を何よりも最優先するべき。関口監督のような指導者が一人でも、なるべくすぐに増えて欲しい。ここまでの心情を文章化する、氏原英明さんの取材&執筆力&信念がさすがです。
典型的な囚人のジレンマですね。高校野球のように3年間という短い期間しか選手がいない場合には、今だけを考える監督が出てくるのは避けられないです。高校野球全体のルールで対処するべきことだと思います。
指導者の評価において「勝利」で評価される部分が強すぎる。

どれだけ上手くなったか、どれだけ野球を好きにさせたか、は見えにくい。

その部分、評価して表彰するアワードのようなもの、作りたい。
コンサルビジネスで言うと、「できる」コンサルタントをどのプロジェクトにもアサインして、「疲弊、時間不足からアウトプット低下」「インプット時間の減少による伸び悩み」か。一方で「実践が能力の伸び代を広げる」こともあり、登板過多でも、粋に感じ「スーパーコンサル」に成長する可能性があること。後者の事例を多数見ているだけに、「ビジネス界の甲子園中毒」は必ずしも悪いことではないと思います。
組織マネジメントとしては、コンサルの能力差が拡大するだけに、アサインの配慮がないと持続的成長は困難にはなリかねない。「スーパーコンサル」が「一般コンサル」を牽引する仕組みづくりも重要です。
勝負にこだわると、どう意識しても視野は狭まる。優先順位を勝利が一位ではなく、育成を一番上に持ってくるのが理想的。しかし、勝ちたいと思うのは指導者も選手も同じなので、バランスが難しいところ。
朝日新聞が主催者だから根本的な批判は出てこない。
炎天下の中で球数制限もなしに投げ続ける、肩もしっかり出来上がっていない高校生の才能を潰している。
この連載について
2018年、遂に100回大会を迎える夏の甲子園。時代の変化とともに“変わりつつある姿“と、旧態依然の両方に目を向けながら、未来の高校野球のあるべき姿を考えていく。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.90 兆円

業績