新着Pick

「社員が次々辞めていく会社」に足りない視点

東洋経済オンライン
このところ、米国各地の企業にとって非常に深刻で頭の痛い問題としてつねに真っ先に挙げられるのが、社員の離職率です。人口減少に加えて、これから多くの社員が定年退職の時期を迎えることを考えると、この割合は…
19Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
#人事 #リテンション
社員の離職率が水準よりも高い会社にいたことはたびたびある経験からすると、業績が良ければ離職率は下がるというが、そうじゃないケースももちろんある。また、以下の制度が整っていても離職率が下がらないケースもある。

人事部門としては以下のアプローチぐらいしかできないかもしれなくて、もっとも大事なことは「経営者」そのものだとおもう。
ビジョンをフォーマルに、カジュアルに語って共感を得られているか。押し付けていないか。
社員に自分のことを考えてくれていると思わせているか。本気で社員のことを考えているか。
とかとか。

QT:
"企業の人事部門がすぐに始められる人材のリテンション戦略強化のための5つのポイント
1) 「成長できる機会」を可視化する
2) 会社でのキャリアパスを確立する
3) 部下を育成する上司が評価される仕組みを作る
4) 社内でのキャリアチェンジの機会を作る
5) ラーニングや能力開発に投資する"