新着Pick
217Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Pixivのここらへんの話は是非、多くの起業家に読んで欲しい内容!グロースに資金調達は絶対条件ではない!当時、無視したこのベンチャーキャピタルは今、酷く後悔しているだろうけど。
俺は初めてみた時大成功すると思ったけどね
地力で黒字化していれば、資金調達をしていなくても成長のための再投資ができる。またサービスそのままであれば破綻しない状況になっているので、資金調達をしてもリスクをコントロールできる。
稼ぐことは、成長のためにとても重要なこと。
俺も以前VCの人と話してみて思ったのは、必ずしも情報センスがいいわけではないと。
特に日本の場合は「訳の分からないものに張る」ノリが無いので自力でやろうと思ったね。
農業系なんて尚更だけど、やっぱり今こぞって当時言ってた奴に群がってきてる。

なんて事を書いていても、相変わらず誰からのコンタクトも無いので、pixiv形式でやるしか無いかな。
ようやく今年法人化できそうだし。
今は、悪く言えば、猫も杓子も出資を受けられる状況になっていますが、少し心配です。
【第9話】2008年にpixivの会員数が10万人を突破。片桐孝憲氏は以前「会員数10万人くらいのサービスができてからじゃないと出資なんかできないよ」と言われたVCのトップに、出資を依頼するため連絡しますが、無視されます。
ここで本当に資金調達できなくてよかった。
僕らも最初の事業で資金調達ができず、今のビジネスに切り替えるきっかけとなったのだが、結果的にはよかった。
というか資金調達に限らず、ふつうに頑張ってれば大体振り返ると結果オーライになってる気がw
最後の言葉「全然分かってない、ダメですね」
僕も独立・創業したばかりの四年前を僕を見た時…過去の自分に同じ言葉を言うかな。笑
そこに人が集まれば、マーケットになる。
そこでものを売るのか、広告をうつのか、やり方はいろいろなのだろうけど、そこに諦めないことは大事なのだなと。消費者金融のくだりからここまでジェットコースター並みの展開…すごすぎる
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。