新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

245Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
そう考えると俺あんまり苦労してないな。。。
なめたらあかんぜよ〜!
ネット大好きだったけど、怪しいとか詐欺みたい営業会社ばっかりだと思ってたネット企業の印象が180度変わったのはテレビで堀江さんを見て、です。ネットを自分の仕事にしようと堀江さんを見て思ってそれで仕事、起業が決まった!
今思うと、「起業舐めてました」と思うこと沢山あります。ただ、生きる時間の密度が変わったので、起業したことに後悔はありません。35歳でMBA取ったあと起業した僕がそう思うくらいだから、20代で起業ってほんと大変だったと思う、よくその一歩を踏み出せたなと尊敬します。
ぼくも今思えばいろんなことをナメすぎてたし、未熟すぎた。今もナメてるつもりはないけれど、世間知らず過ぎて結果ナメたような振る舞いになってないかがいつも心配w
亀山さんが若く新しい才能をスカウトする現場の話など、すごくおもしろい連載です! 友人がもう「子どもに学校の勉強しろとは言えない。だって、そっちでの勝ち組じゃない人が今勝っているのを目の当たりしているから」と言っていましたが、まさにどうやって片桐さんのような人ができるのか、リアルタイムで覗けるような面白さ。ぜひお子さんをもたれている層に読んでほしいです。
片桐さんに(も)そんな時代があったのか…
でも舐めてるくらいじゃないと始められないですよね。私も先に法人を作って事業は後から考えたタイプなので、最初の3年は暗中模索な時期でした。「NPOだから値切られる」世界があることも、聞いていたけど体験したりもしたし。。

NPOも事業のやり方や領域にによってはスピードをあげられず、うちもそれに分類される活動をしていたかなと今振り返って感じます。その場合ぱっと見の印象勝負でなんとかやるって感じだった(って、やってるこちらはもちろんどれも真剣なわけだけど)。でもそれだけじゃいかんわけで、まさに今試行錯誤しているところなので、このあとどうなっていくのか楽しみ…
どんなにうまくいったかに見える起業家も苦しい時期はあるものですね。
そしてそういう時期に支えられる人が本当に信頼できる人なんでしょうね。
わかる〜笑
何事もやってみないとわからない。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。