新着Pick
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今はかなり違う状況かもしれないが、下記の言葉は上場審査という観点で重くとらえるべき。そういえばサイバー藤田氏もそんな感じだったと思う(著書でそれで審査やり直しになったといったことを書かれていた気がする)。
本音と建前もあるとは思うが、外部から資金調達したり、さらには上場することで、得るもの・失うもの・果たすことが求められる責任といったことへの理解が十分でないと、ステークホルダーが増える中でマネジメントができないし、なおのことパブリックな存在になることはできない。
『実をいうと、上場の意味もきちんと捉えていませんでした。お恥ずかしながら、格好いいからとか、みんなが上場を目指すから自分も、とかそういう理由です。』
波瀾万丈すぎて再現性が全くないのですが、それがまた読み物として楽しく拝読させて頂いています。この話を聞くと、別会社ですが、ユーグレナはすごいな、と感じました。
【第13話】RIZAPグループ社長の瀬戸健さんが「豆乳クッキーダイエット」の広告費に売り上げの7割を投入した理由とは?
広告を70億円も自前で使えばノウハウも溜まっただろうし、今となっては色々な失敗も笑って話せるだろうし、良い経験してるなー社長。
ネーミングって大事だなー。

それに加え参入障壁の低いビジネスや、別の観点から競合となりえるサービスが増えやすいビジネスなら、ブランドプロポジションを創造しておかないといけないと改めて痛感する。
すごいジェットコースター
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
株式会社アンビシャスは、日本の不動産会社。2004年7月28日に、安倍徹夫が中心となって起業。 ウィキペディア

業績