新着Pick
576Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いつも「文章が長すぎる!」とお叱りをいただくのですが、僕の場合、ある事象についてまとまった考えをお伝えしようとすれば、どうしても8000字から10000字は必要になります。今回は短めに書きましたが、それでもNPの記事としては長いので、ご関心のある方はお時間があるときにお読みいただければ幸いです。
ライザップ事業は人間の根源的な欲求に応える価値と仕組みを実現しており、継続的な競争力はあるが、近年のアパレルなどのM&Aを「自己投資産業なので強みが連続している」と言うのは無理がある。ただ、瀬戸社長の「人を見抜き引っ張ってくる力」が本当に優れていればコンピタンスになりうるる、というこれまでの書いてきたコメントを理論的にまとめて深めて頂いたような内容で大変共感しました
これはめちゃくちゃ面白い。「一見矛盾しているがよくよく聞くと面白いストーリーをもっている」企業こそが戦略的に優れている、ということを『ストーリーとしての競争戦略』で語っている楠木さんらしい深い洞察。

O企業(外部機会の捕捉=速さ:成長期に適する)とQ企業(内部コンピタンスの強化=深さ:成熟期に適する)でいうと事業レベルではQ企業のど真ん中の事業展開を行う。

でもM&Aにおけるグロース投資(将来に比べて割安な企業への投資:O企業のVC的発想に適する)とバリュー投資(過去に比べて割安な企業への投資:Q企業の事業会社的発想に適する)でいうと経営レベルではバリュー投資というわけでもなく、内部コンピタンスをいかしにくそうな企業を買う。

一見すると事業レイヤーの強みを経営レイヤーではいかしていない、事業戦略と経営戦略がちぐはぐなように見えるが、それがまたライザップの面白いところである、と。

自分自身も、大企業の経営コンサルや事業会社でのM&Aやベンチャーでの経営を通して、この外部機会⇔内部コンピタンス、グロース投資⇔バリュー投資のトレードオフにいつもぶつかってきただけに、この解析は深いし、考えさせられます。わかっていてもぶれちゃうんですよね、最後の意思決定で。

楠木さんのしなやかな戦略論に嘆息しつつ、引き続きライザップの独自の経営戦略をウォッチしていきたいな、と思います。
特集5回目は、一橋大学楠木建教授によるRIZAPの分析記事を掲載します。

楠木教授によると、企業は大きく分けて、外部環境の機会の拡大に乗る「オポチュニティ企業」と、企業内部の価値の質向上により稼ぐ「クオリティ企業」の2つに分けられます。

そして、RIZAPという事業だけをみると、典型的なクオリティ企業だが、グループ全体でみると、オポチュニティ企業の面もある、と。は、楠木教授は瀬戸社長の経営手腕をどう評価するのでしょうか?
もっと短くしてくれたら読みやすいのにって思う。
是非皆様に読んでほしい記事。楠木先生のコッテリした、キーワードだらけの解説!

RIZAPの「事業」と「企業」の解説。冒頭から書かれているが、ここ二つを分けていることが重要で、なぜなら記事にもあるが、事業と企業でO・Qの側面が違うから。
そういえば、この連載でファストリ・ニトリについて言及してきたが、これら2社は基本的にQ企業でライザップはO企業。あまりこのO/Qフレームワークで考えていなかった…

「メンタルのラストワンマイル」という観点では、個人的にはジーンズメイトは楠木先生も指摘しているがこじつけ間がある。ファッションでコミットするというところに行くまでは、単価が安すぎて、顧客層が広すぎる気がする。

一方で「ミニGE」については、人財面では今は中途中心という印象。GEは新卒から育てていくので、それが今後できるかだと思う。そういう意味では自己投資・人財育成という観点では商社にも近いのかもとも思った。
"最近のM&Aは、その表面をなぞるだけでは分からない、何らかの明確な意図があってのことではないかと深読みしたくなる。"
オポチュニティとクオリティ、混在するM&Aは悪手に見えるんですね。楠木先生をもってしても。それにしてもGEと比べられるのはすごい。
"ありがちな「成長志向が空回りした経営」であり、「手段の目的化」"
まだ歴史が浅いので、↑こういうオチもなくはないと思います。
O企業とQ企業の事例から、ライザップがどのようなポジションを目指しているかわかりやすいですね。瀬戸社長の人間洞察力まで、楠木さんは良く見られているなと感心します。
==================
「メンタルのラストワンマイル」「自己投資による自己肯定」、これは今までありそうでなかったコンセプトである。「なんでいままでこれがなかったのかな……」と思わされる。ここがRIZAPの秀逸なところだ。
めちゃくちゃ読み応えのある楠木先生の論考。
読み終えて、頭がスッキリしました。
ライザップ、ライザップグループは、OとQどちらを追求するか。中核事業のビジネス、グループとしてのM&A戦略、そしてライザップが目指す将来像の仮説。ライザップグループを理解するのに、この特集以上のものはないと思います。
そして、今日の論考1本だけでもお金を払う価値があると思います。(あくまでも私個人の自己投資として)
経営とは心理学なのだという事。で良いですよね。
短くて読みやすかったです。
この連載について
売上は昨年の1.7倍の950億円超。時価総額は昨年の3倍の3000億円超ーー。 今、ライザップの勢いが止まらない。 強烈なインパクトのCMのイメージが強いが、アパレルの「ジーンズメイト」からフリーペーパーの「ぱど」など幅広い分野のM&Aを進め、関連会社数は60社以上におよぶ。 「アジアのLVMH」を目指す、「ライザップ帝国」の野望とは?
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。 ウィキペディア
時価総額
2,364 億円

業績