新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

322Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
特別なにか独特なCRMないしマーケティング手法ではない
至って基礎的な考え方なモノですが、その基礎をきちんと
押さえて実行に移している(?)のが素晴らしいですね!

特に社長という立場の方からこの様な意識を持っていらっしゃる
事が何よりもの財産。デジタル化が進みやすいかそうでないかの
一判断基準はここにありますね。

CRMのデータの繋ぎ込みとディープアナリシス、AI、
チャットボット、オートメーション、プリシジョン手法
潜在顧客/新規顧客の把握と広告アプローチの種類・・・
はどれも多くの企業が取り組まれているディレクションですが、
これらが進めば・・・・・

現サービス対象に限った潜在顧客に捕らわれず、
もっと大きな範囲での「コミュニティー構築」に
力を入れる事になるのでしょうね。

「美しくなりたい。健康でいたい」という大きな枠の
コミュニティーを巨大なデータベースを基に
様々な切り口(食、生活環境、マインド等々)で
多くの人々にエンゲージし囲い込んでいくような。

そんなことよりも、早速ジムに行ってきます!
おはようございます。
ライザップと言えば”あの宣伝”といい「マーケティング上手」との印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

そのライザップが今度は瀬戸社長がいうところの”究極のCRM"を用意して、見込み客を取りこぼさないデジタル戦略を練っています。実際その準備は着々で早ければ来春からスタートするそうです。

そして、広告効果を最大化し、顧客への「結果にコミット率」をあげ、さらには50社以上あるグループ会社のシナジー効果も実現するその仕組みを作っていたのは、「有明プロジェクト」などを手掛けたユニクロのOBたちなのでした。


累積9万人の顧客データ活用は、結果にコミットする上でも再現性に繋がる分析が出来ますね。似たサービスも増えましたが、結局は「自分に本当にメリットがあるか?」なので、結果へのコミット力が高い所に人は流れると思います。
ここまで連載で、毎回のように他社からヘッドハントされて来たキーマンたちが取り上げられています

何らか施策を実現しようと思っても適する人材がいなければできない、または望ましいスピードでは進まない。

瀬戸社長の”人を巻き込む力”こそが成長を支えている原動力の大きなウェイトを占めるのでは、と思ってしまいますね。
ビッグデータ、AI 活用は試行錯誤、仮説検証の繰り返しなのでこういうノリじゃないと上手くいきませんね〜

「ライザップのいいところは、会議で『そのアイデアいいね!』となると、すぐに費用対効果を計算しGoサインが出れば、すぐ開発ロードマップに載ること。なんでも実験してみようとトライ・アンド・エラーを繰り返す社風なので、アイデアが出しやすい」
こういう消費者に直接響く戦略が好き。
面白いし、怖い。
この連載について
売上は昨年の1.7倍の950億円超。時価総額は昨年の3倍の3000億円超ーー。 今、ライザップの勢いが止まらない。 強烈なインパクトのCMのイメージが強いが、アパレルの「ジーンズメイト」からフリーペーパーの「ぱど」など幅広い分野のM&Aを進め、関連会社数は60社以上におよぶ。 「アジアのLVMH」を目指す、「ライザップ帝国」の野望とは?
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)とは健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。札幌証券取引所の新興企業向け市場アンビシャスに上場している。組織形態は監査等委員会設置会社。 ウィキペディア
時価総額
3,423 億円

業績