新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

279Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
1998年、紛争後のボスニアヘルツェゴビナを旅行した際、街によって使われている通貨がバラバラで驚きました。ボスニアディナール、ユーゴスラビアディナール、クロアチアクナが隣街同士でも使えたり使えなかったり、どこでも使えるのがドイツマルク。銀行に行けばドルも使える。そして子供達はおそらく混乱期に乱発されたゼロがいくつついているのか数えられないようなハイパーインフレ期の札をおもちゃとして使っていました。
街に着いたらまず銀行にいってマルクをその地域の通貨に換金してもらわないといけません。私はトラベラーズチェックで行っていたはずなので、それがどの程度銀行で使えたのかいまいち記憶がないのですが、現金が常に不足して野宿とかしていました。
経済音痴の学生だったので、大変だなあぐらいの感覚で見ていましたが、物価評価の違いや物流の扱いなど興味深い現象がいろいろ起きていたのではないかと思います。紛争終了は一応1996年だったはずなので、その後2年弱経っても安定はしていなかったということですが、私の滞在時にすでにユーゴスラビアのコソボ紛争は始まりかけていました。
まさに戦国時代だったということですね。

首都サラエボでは中央駅は焼け落ち、国会議事堂には大砲の風穴がいくつも空き、オリンピックスタジアムは仮設墓地となっているという状況でしたが、人々は明るく。
言葉も通じない日本人の私を喜んで受け入れて、うちに泊めてくれたりしたのが印象的です。
8月にお引き受けした講義の内容を全5回でご紹介する連載、3回目です。
今回は徳川時代を舞台とした決済システムのお話です。

皆さんのコメント、嬉しく思います。
10月20日にお引き受けすることになる講義の準備に、ぜひ参考にさせて頂きます。
ご意見賜れば幸いです。
"地域間で価格が違っていると、裁定取引が始まります。つまり、みんな安く買って、高く売ろうとする。"
裁定取引は一次的ですがものすごく儲かる時があります。当然ですが、全ての価格にまつわる情報を誰よりも早く手に入れられる時です。ネットの普及初期の頃はいっぱいありましたね
アビトラージャーね
横山先生に質問!今の仮想通貨の状況は、過去の通貨の歴史を考えた時にどう見えるのでしょうか?

本記事にもあるように、通貨と言えども最初から信任があったわけではないし、法定通貨であっても信任が崩れればハイパーインフレが起こる。
その観点で、上記の質問に関連するところで、プラットフォームA・Bという類型で考えた時、コストが安く、分権的という仮想通貨の現状はそのどちらにも該当しない。A・Bそれぞれメリット・デメリットある中で進化してきたが、そのどちらにも該当しない現状がある。もしくは歴史は繰り返すのであれば、これからどちらかに寄っていく、という示唆かもしれない。
「徳川の時代に入ると、徳川政権はそれ以前の武士の政権と違って、日本列島全体を名実ともに支配する強大な権力となります。すると、「楽市・楽座」に、どんなことが起きるでしょうか。すでに鎌倉時代以来、多くの「座」の営業エリアといい、「楽市・楽座」といい、プラットフォームが存在していますね。このプラットフォームが、どんどん数珠つなぎになっていき、全国市場という大きなマーケットが誕生します。」(記事引用)

本記事で、地域ごとの小さな市場が全国版に発展するプロセスがある程度理解できた。まとめると、以下の3点だろうか:

① 全国を支配する政治体制(徳川幕府)
② ②貨幣の流通(但し西の銀と東の金という問題があったので、両替商が発生)
③ ③裁定取引(地場ごとに異なる価値(価格)であったモノ(例:コメ)を「一物一価」にならしていく取引制度)

これを、今日広がりを見せる非貨幣的なシェアや贈答、あるいは互恵型・共助型の経済活動に置き換えると、どういう図式になるか考えてみた。①も③も大事だが、特に②の貨幣に代わる象徴性のあるモノカギとなるだろう。

横山和輝さんによると、貨幣には「一般受容性」(お金を受け取ってもらえること)と「決済完了性」(お金を支払ったことで取引が完了すること)という2つの役割があるという。

直感だが、ある種の「Pay Forward」(ある人物から受けた親切を、また別の人物への新しい親切でつないでいくこと)の質と量を定義できたとき、貨幣に代わる「物語」が広く共有され、世の中が変わるかもしれない。
概念として知っていても、改めて歴史&経済を組み合わせた文脈で聞くと新鮮な気づきになりますね。
栄枯盛衰でいうなら、
手形文化はクラウドの中で
どんなプラットホームに進化するのだろう?
江戸時代を動かしていたのは決して武士や政治ではなく、商人や町人であり市場だったんです。それに気づいて僕は今猛烈に鎌倉以降の市場を勉強してます。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。